婚活の現実は厳しい…と女性が感じる5つの時

婚活の現実は、実際に婚活をしてみてこそ実感出来るものです。でも出来れば早い段階で婚活を成功したい思いはあるでしょう。その中で婚活の現実を女性が感じるのはどんな時なのでしょうか。

婚活パーティーに行った時

婚活パーティーに参加をしても、年齢の若い女性にばかり男性が寄っていき、自分のところには誰も来てくれない…という経験をする場合も。こうなると、婚活パーティーってやっぱり年齢が若くないとダメなんだ…と、婚活の現実を知るものです。

ある程度年齢を重ねても、私なら婚活パーティーでモテる!と思っていた女性でも、婚活パーティーで男性と全然話せないようなことがあると、婚活の現実を知るものです。

そして、やっぱり婚活の現実は厳しいものだと感じるでしょう。もう少し早い時期から婚活をしておけば良かったと思うかもしれません。

婚活サイトに登録をした時

婚活サイトに登録をして、年齢や写真を入れたけれど誰からも連絡が来ない時に、写真をもっと写りの良いものに替えようかな…と思うものでしょう。女性としては写真を載せるのはかなり勇気が要るものです。

でも写真を載せた方が男性からの連絡が来ると聞いて、思い切って載せたのに、全然意味が無いと、婚活の現実の厳しさを知るようになるのです。多分可愛くて綺麗な写真の人ばかりモテているんだろうなと思うはず。

そして、写真を加工してみようと思う女性もいるでしょう。

結婚相談所に登録した時

結婚相談所に登録をするのは、勇気が要るものです。結婚相談所は最近では安い金額で登録が出来ますので、出来るだけ早い段階で登録する女性もいるでしょう。でも最後の手段のようにして、登録をする女性も。

でもこうなると、なかなか合う人が見つからないものです。アドバイザーから紹介をしてもらった人は、自分よりもかなり年上の人やバツイチの人。

これが婚活の現実なのかなぁと悲しい気持ちになったりします。でも多少年上でも自分に合う人もいますので、一度は会ってみると思ったよりも相性が良い場合もあるでしょう。

お見合いをした時

お見合い写真を見た時に、素敵な人!と思い喜んで行ったのに、写真とは全然違うような男性が来ることもあるのです。お見合い写真は加工してある場合もあるため、実物よりも良く写っていたりします。

多少はそうかもしれないと思いながらも、これでは詐欺だわ…と思う女性もいるでしょう。でも男性の方でも、写真と全然違う…と思っているかもしれません。写真を見て喜んでお見合いをしたけれど、全然雰囲気が違うと分かった時には、女性としては婚活の現実を知り、帰りたいような気持ちになるかもしれません。

でもせっかくの縁ですから、少しは話をしてみるようにすると、変わってくるかもしれません。

彼氏から振られた時

彼氏と将来は結婚をしようと思っていたのに、振られてしまうような時も。まさかこの年で振られるなんて…と愕然とするでしょう。今から新しい彼氏を探す余裕なんてないと思うと、本当に落ち込むものです。

そのため、彼氏から振られた時には婚活の現実を知ったような気持ちになるもの。婚活を自分はちゃんと出来ていると思っていたけれど、そんなことはなかったんだと思うでしょう。

出来れば振られたくなかったと思っても、振られてしまった相手を追いかけるよりも、新しい恋愛に向かった方が良い場合も多いのです。

まとめ

婚活の現実は思ったよりも厳しいものです。出来ればこの厳しさを知らないままで結婚をしたいものですよね。

でもこういう厳しさを知ったからこそ、婚活が成功する方法を知るきっかけになるかもしれません。婚活をしていて厳しさを感じても諦めない強さを持ちたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする