彼女への謝り方には誠意が重要?許してくれる謝り方とは?

彼女への謝り

彼女への謝り方で、どうすれば許してくれるのか分からなくて悩み続けているのは、疲れてしまいますよね。出来れば早い段階で仲直りがしたいものです。

どのような謝り方をすれば、彼女は許してくれるのでしょうか。考えていきましょう。

時間帯を考える

彼女が忙しくしている時間や迷惑になってしまいそうな時間に連絡をしても、返って彼女をイライラさせてしまうことに。出来れば彼女がリラックスしている時間帯に連絡を入れましょう。

とにかく早く謝りたい!と思うと、時間をあまり気にせずに連絡をしてしまうものです。でもここで相手の立場になるのはとても重要。相手が困るような時間帯に連絡を入れると、彼女としては冷静になりにくいのです。

許したいと思っても、許せなくなるかもしれませんので、連絡をする時間帯はしっかり選ぶようにしましょう。

いきなり謝る方法

メールやLINEでとにかく最初の一文を「ごめんね」と書く方法もあります。通話の場合も、最初の一言が「ごめん!」と言うようなものです。これにより彼女としては、少し驚くかもしれません。

でも悪い気はしないでしょう。潔いように見えて素敵だなと思う可能性も。元気?というような連絡の仕方ではなくて、最初に謝罪の言葉を言うのも一つの方法です。これにより女性にとっては「この人、ずっと悩んでいたのね…」と分かる可能性が高いのです。

元気?なにしてるの?と言うようなメッセージよりも、ずっと効果が高いでしょう。許してもらえる可能性もアップするはずです。

伝えたいことがあるんだ!

「伝えたいことがある」とメッセージに書くと、彼女は色々な想像をします。「ひょっとして別れ話?」と思う女性もいるでしょう。でもこの後に「あれからずっと考えていたんだけど…」と続けると、彼女は真剣に話を聞いてくれるでしょう。

この後に「俺が悪かった。ごめんなさい。」と伝えれば、彼女としては「別れ話じゃなかったんだ…」と少しホッとするでしょう。そして、色々と悩んで謝ってきた彼氏に対して、出来るだけ許してあげようと思うものです。

伝えたいことがあると書いたり、最初に話すことで彼女としてはドキドキしたり、ハラハラしたりします。ここで女性に色々な想像をさせておくのも一つの方法なのです。

彼女の好きなものを贈る

あまり高価なプレゼントではない方が良いでしょう。彼女の好きな食べ物が分かっていたら、取り寄せてみたりするのも良いかもしれません。女性は甘いものを食べると機嫌が良くなると言われていますが、実際にそういう面があるのです。

彼女の好きなスイーツを、一緒に食べに行く約束をするのも良いですね。例えば「パンケーキが美味しいって評判の店を見つけたんだ」とメッセージをしてみれば、「行ってみようかな」と彼女から返事があるかもしれません。

ここで「○○ちゃんを喜ばせたくて」とわざわざ言わなくても、女性にはその気持ちが伝わっているものです。

淋しい…とメッセージをする

今まで彼女に対して甘えてきたり、弱さを見せているような男性の場合はあまり効果が無いかもしれません。でも普段から男らしさを見せているような男性が、彼女に対して弱さを見せると、女性はキュンとするものなのです。

「ごめんね」と同じくらい効果があるでしょう。「○○ちゃんと話せなくて淋しい」とまずはメッセージをして、彼女の反応を待ってみましょう。「私も淋しい」と返してくれるかもしれません。

ここで「ごめんね」とメッセージをすれば「私も悪い面があったから」と仲直りが出来たりするのです。

まとめ

彼女への謝り方に対しては、少し工夫をしたり、とにかくストレートに謝ったり、色々な方法があります。自分としてはこうなりたいという思いを、やんわりと伝えるようにすれば、仲直りがしやすくなります。

自分の思いをぶつけるだけでは、彼女を苦しめたり嫌な思いをさせてしまいますので、彼女の立場になって謝るようにするのがベストでしょう。


気軽に恋人探しや既婚者同士の出会いなら!

本気の婚活というよりは、気軽に遊べる友達や恋人がほしい人、既婚者だけどセカンドパートナーや不倫相手がほしい人、そんな人たちにおすすめのサイトがPCMAXです。

PCMAXは独立系の出会い系サイトとしては、最大手で10年以上前から運営されていて、サポートがかなりしっかりとしています。

はっきり言って大手以外の出会い系サイトを使っても、ユーザーが少ないことがほとんどなので、使うなら大手をおすすめいたします。

ちなみに婚活中の人もたくさん登録していますが、どちらかと言うと本気の婚活というよりは、若干気軽なお相手探しの人の方が多いようですね。

女性は料金は一切かかりませんが、男性は有料です。但し、新規登録をすれば1000円分のポイントがタダでもらえるので、とりあえず一度のぞいてみるだけでも損はないですよ!