不倫の別れが耐えられない…と思う既婚男性が多い5つのわけ

不倫で別れられなくて悩むのは、既婚男性の方が多いかもしれません。なぜ既婚男性は不倫がやめられないのでしょうか。そのわけについて考えていきましょう。

相手に情があるから

一緒に過ごした日々が楽しくて、不倫相手に情がある場合は別れにくいと思うものです。すぐに終わらせられる、そんな恋愛ではなかったと思う男性も。別れることがお互いのためになると分かっていても、それが出来ないのは相手に情があるからです。

相手のことをどうでもいい存在だと思うのなら、別れることはたやすいかもしれません。でも相手に対しての情は、なかなか消せないもの。これがあるうちは不倫の別れは出来ないでしょう。

自分でこの感情をコントロール出来れば、別れることが出来るかもしれません。でもどうしてもそれが出来ないと思う気持ちがあるうちは、別れられないでしょう。

一人になるのが淋しいから

一人になるといっても家庭があるじゃないと言われてしまいそうですが、既婚男性にとっての家庭は、居心地の悪い場所の場合もあるのです。妻とは必要以上の会話はしないので、二人でいても気まずくて孤独な思いを持ってしまう…。

こういう時には、不倫相手が自分の癒しになります。そのためもしも別れたら自分はとても淋しくて一人になってしまう…と男性は考えるでしょう。もしも別れたらと想像するだけでも、悲しくてたまらないと思う男性もいるのです。

そのため、不倫のまま別れられないでいるのでしょう。

愛情があるから

愛情を不倫相手に持っている場合は、もう浮気ではなくて本気になっているのです。本気の相手だから、別れるのはどうしても出来ないと男性としては考えるでしょう。愛情があると思っているうちは、別れようとは言えないでしょう。

不倫相手から別れたいと言われても、「俺は別れたくない」と言ってしまうことに。でも不倫相手が独身女性の場合は、ここで別れないと将来が…と暗い気持ちになってしまうでしょう。

そして「私の将来のことなんて全然考えてくれていないんだ」と男性に対して思うかもしれません。愛情をうまく表現出来る男性なら、言葉でうまく不倫相手をつなぎとめておけるでしょう。

不倫が生きがいになっているから

不倫をしていると、生き生きとしていて元気でいられる、つまりは今の自分には不倫が生きがいになっているんだと思う男性は、不倫を終わらせることが出来ないのです。そして不倫を楽しんできたので、その楽しさも知っているため、終わらせることがもったいなく思う場合も。

不倫が生きがいになるなんて、最初は思っていなかったかもしれません。不倫なんてしょせんすぐに終わるもの…と思っていたかもしれません。でもいつのまにか不倫が生きがいになっていることもあるのです。

そのため、不倫を終わらせたことを想像して不安になってしまう気持ちもあるでしょう。

不倫が習慣になっている

不倫をすることが習慣になっている既婚男性もいます。習慣になるとそれが無くなると、全体のバランスが崩れることも。出来れば不倫をしてバランスを保ちたいと思ってしまうのです。

でも独身女性の方は、不倫をすることで日々のバランスが崩れる場合も。そのため別れたと思う気持ちも出てくるでしょう。不倫が習慣になっていて、それにより自分の生活が充実していると思っている男性は、不倫をやめることは考えられないはず。

まとめ

不倫で別れを決めなければいけない時期もくるでしょう。でもその時になっても、別れられない既婚男性には、このようなわけがあるのです。こういうわけがあるため、どうしても不倫を続けたい気持ちが残ってしまうでしょう。

それでも別れるには、かなりの勇気が要るかもしれません。もしくは不倫相手を替えるという方法もあるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする