出会い方ではないって教えてくれた恋

私が彼と出会ったのは、4年前のことです。

彼とはネットで出会いました。

私は、なんとなく彼とダイレクトメッセージでやり取りをしていました。

詳しい年齢や顔は特には知らず、

でも、お話ししていると、どうしてか、彼にならなんでも話せていてとても居心地のいい場所に感じるようになりました。

彼と連絡を取り始めてから約半年くらい経った頃、彼が仕事の都合で、私の地元の方に来ることがあり、会うことになりました。

彼は大手不動産企業に勤めている方でした。私はフリーターです。

その日は、まだ少し寒くて冬服とさよならできてないくらいの時期でした。

彼と私は、駅から少し歩いたところにある小さなイタリアン酒場で、私はワインを頼み彼は、黒ビールを頼んだのを覚えています。

初めてちゃんと会ったとは思えないくらい、話ははずみとても楽しくってもっと彼と居たいと思ったのを思い出します。

彼と私はそのあとカラオケに行き、タクシーでお家に帰りました。

そのあとから彼とは、頻繁に会うようになりました。

お互いとても好きになりました。

ですが、彼は1年後に転勤が決まっていて付き合っても一緒にいれないからという理由から付き合わずにいました。

その後彼は、本当に転勤してしまいました。実は私は彼にある嘘をついていて彼が転勤し会えなくなってから本当のことをLINEで伝えました。ズルいのはわかっていたのですが直接言う勇気も嫌われてしまうかもしれないと思って言えなかったのです。私は彼と10個差があったのですがその時に言い出せず気に入られたくて5個差と嘘をついていたのです。その事実を伝えても、既読のまま返信がくることもなくそのまま1年間連絡を取ることもありませんでした。

ですが、ちょうど1年が経つ頃、彼から連絡が入り、会って話したいことがあると言われ会う決意をしました。

すると彼が、連絡を返さなかったのは、嘘をついた私への反省の時間だったと言われました。

そして、また一緒に私と過ごしたいとそう言って抱きしめてくれました。

今でも、私は彼とお付き合いをしています。とても私は幸せです。

彼と出会えたことは、私自身が出会うための手段を自分で選び、彼と連絡を取ることを自分で選び、彼と会うことを選ぶ選択をしたからこそだと思います。

運命の人は、自分の手で見つけるものだと、実感しました。

ネットでは、自分自身や相手のことを見極める目が大切です。

いい人は絶対にいるはずです。

可能性はいろんなところに転がっています。私のように幸せになれることももちろんあります。

今この文を読んでいるあなたにも幸せを手に入れるチャンスがきっとありますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする