他好きで別れたけれど…やっぱり元カノがいい!と思った時の行動

他好きで別れたけれど、離れてみるとやっぱり元カノ以上の人には出会えないと思ってしまう男性もいるでしょう。他好きしてしまった自分に対しての後悔の気持ちを持つことも。

こういう時に男性はどのような行動をするのでしょうか。

元カノへの連絡を取るか考える

元カノにどうやって連絡をすれば良いのか、その方法について考える男性は多いでしょう。連絡を取ることで、何かが変わるかもしれないと思うからです。出来るだけ早い段階で連絡をしようとする場合も。

でもここで焦ってしまうと元カノに連絡をしても返信が無い可能性もあります。元カノから連絡をもらえるようになるまで、少し時間をあけるのも必要です。復縁に時間をかけるのはとても大切なこと。

元カノへの連絡方法について、じっくりと考える時間を持ちましょう。その間に良い方法が浮かんでくる可能性も。

他好きしたことを謝る

他好きをしてしまったのは自分なので、非は自分にあることを認めましょう。でも彼女との連絡が取れない場合には、謝りにくいもの。こういう時には彼女の友達や共通の知人に自分が謝りたい気持ちを伝えてもらいましょう。

伝えてもらえない場合には、手紙を書いて相手の住所に送るのも一つの方法です。真剣に謝る気持ちを持っていれば復縁が出来ないわけではありません。それに対して元カノが許してくれるかどうかは、実際に行動をしないと分からないのです。

彼女に自分のしたことをしっかりと詫びて、そのうえで復縁が出来なければ諦めもつくでしょう。

他好きした理由について考える

他好きをしたということは、彼女以外を好きになってしまったわけですから、その理由を明確にしておく必要があります。ただ本能的なものだったのか、それとも相手の女性に魅力を感じたのか。

この理由を明確にしておかないと、また同じことを繰り返すかもしれません。元カノとしても、復縁をしようか悩む理由として「また同じ思いをするのでは…」というものがあるのです。

同じ思いをさせないためにも、他好きをしてしまった自分の気持ちを再度見つめ直してみましょう。そしてこの理由だったから今度こそ他好きはしない!と言いきれるのなら、復縁の可能性は高くなるのです。

彼女の行きそうな場所に行ってみる

同じ職場なら嫌でも会うことが出来ます。でも違う職場の場合には彼女の行きそうな場所に行ってみるようにしましょう。相手がよく行く場所に行けば話せる機会がうまれるかもしれません。

付き合っていた頃に二人でよく行った場所や、彼女のお気に入りのお店などに足を運んでみましょう。なかなか出会えないようなこともあるかもしれません。でも諦めずにフットワークを軽くすることで、出会える場合もあるのです。

この辺りの情報は、共通の知人に聞いてみてもいいですね。元カノに会えそうな場所に行くようにして、少しでも話せる機会を作りましょう。

元カノのことは諦める

自分がしてしまったことなので、もう元には戻れないと諦めることも一つの方法です。何がなんでも復縁をする!と強い思いを持つのも必要でしょう。でもあまりにも頑張りすぎると、心身ともに疲れきってしまいます。

日々の生活に支障をきたすようなこともあるのです。そのため、自分なりに無理の無い範囲で動いたのなら後はもう仕方がないと思うのも、やむを得ないことです。

新しく好きになれる相手が早い段階で現れる場合もあるでしょう。諦めた途端に好きな人が出来るのもよくあるパターンですので、あまりネガティブに考えないようにしたいですね。

まとめ

他好きをして別れたけれど復縁がしたい場合、男性としては様々な気持ちを持つでしょう。時計の針を巻き戻せたら…と思うかもしれません。

でも時は待ってはくれないのです。だからこそ、これからどう動くのかも自分自身で決めていく必要があります。今という時は二度とないのですから、それを自分のために使うように切り替えるのも、一つの方法だと言えるでしょう。


気軽に恋人探しや既婚者同士の出会いなら!

本気の婚活というよりは、気軽に遊べる友達や恋人がほしい人、既婚者だけどセカンドパートナーや不倫相手がほしい人、そんな人たちにおすすめのサイトがPCMAXです。

PCMAXは独立系の出会い系サイトとしては、最大手で10年以上前から運営されていて、サポートがかなりしっかりとしています。

はっきり言って大手以外の出会い系サイトを使っても、ユーザーが少ないことがほとんどなので、使うなら大手をおすすめいたします。

ちなみに婚活中の人もたくさん登録していますが、どちらかと言うと本気の婚活というよりは、若干気軽なお相手探しの人の方が多いようですね。

女性は料金は一切かかりませんが、男性は有料です。但し、新規登録をすれば1000円分のポイントがタダでもらえるので、とりあえず一度のぞいてみるだけでも損はないですよ!