婚活の断り方で女性に伝える時の最適な5つのもの

婚活の断り方

婚活の断り方は、簡単なようで難しいものです。相手がすっかりその気の場合もあるでしょう。このような時に相手に断るのは気が引ける場合も。でも自分自身が幸せになるためには、断るしかない場合もあります。

最適な断り方について、お伝えしていきますのでいざという時には活用してみてください。

価値観が合わないから

価値観という言葉を出すだけで、全て納得させてしまうような力があるから不思議です。価値観が合わないと言うと、相手は仕方が無いと思うはずです。でもどういう価値観?と突っ込まれた時には、出来るだけ答えられるようにしておきましょう。

例えばこういう時に、あなたはこう言っていたと具体的な例を出すと、相手は頷かざるを得ないのです。断る時には断る理由として価値観を出すようにするのは良い方法。これなら相手は「じゃあ自分に合う価値観の人を探そう!」と思うかもしれません。

本当はそうではなくても、そのように言えばなんとなく断りやすくなるのが、価値観が違うという言葉なのです。

もっと合う人がいそうだから

「お互いにもっと合う人がいるように思う」と言えば、自分のことだけを考えているわけではなくて、相手の幸せを考えていることにもなるのです。そのため、相手はお互いの幸せのためなら仕方がないかな…と思うかもしれません。

自分にはもっと合う人がいると思うからと言うと、なんだかとても自分勝手に聞こえますよね。そして今まで尽くしてきたのに…と相手の女性は腹を立てることになるでしょう。こんな人だったなんて!と思うと、相手から仕返しをされるかもしれませんので、気を付けた方が良いでしょう。

早く伝えた方が良いと思って…

やりとりが長くなればなるほど、断られた時のショックは大きいものです。そのため断る時には「早く伝えた方が良いと思ったので…」と言いながら断ると良いかもしれません。

やりとりが長くなればなるほど、相手に期待をさせることになります。相手としてはもうすぐプロポーズかな…とワクワクしている場合も。でも早めに断ればそのような期待感を持たずに済むのです。

相手が自分の両親に伝えたりしてややこしくなる前に、こちらから早い段階で断った方が、誠実ではないでしょうか。そして、相手としても早く言ってくれてありがとうと思うはずです。

ご縁が無いようなので…

縁という言葉も、とても深い意味を持つものです。縁が無いと言われると「それなら諦めるしかないかな」と女性としては思うでしょう。縁が無いかあるかは、片方があると思っても片方がそうではないと思ってはどうしようもないのです。

面接などでもこのような言葉はよく使われますよね。これを言われたらもうどうしようもないと思うしかないのです。もう少し時間をかけませんか?と言われるようなこともあるかもしれません。でもここで情に流されてしまうと後から困ることになるでしょう。

相手を褒めながら断る方法

自分にはもったいない人なのでとか、もっとふさわしい人がいるはずというようにして、相手を素敵な女性だと認めたうえでの断り方があります。この断り方をされれば、女性はあまり嫌な気はしないでしょう。

相手を否定するような断り方をすると、相手をかなり傷つけるようなことになるのです。次から婚活をするのが怖くなってしまう女性も。そうならないように、相手をしっかり肯定したうえで断ることが、思いやりであり優しさなのです。

まとめ

婚活の断り方をあまり理解していないと、適当な断り方をしたりフェードアウトしてしまような場合もあるでしょう。でもできれば婚活で断る時にはお互いのためにも気持ちよく伝えるようにしたですね。

少しきつい言い方になったとしても、筋が通ってるような内容なら相手も納得してくれやすいでしょう。


気軽に恋人探しや既婚者同士の出会いなら!

本気の婚活というよりは、気軽に遊べる友達や恋人がほしい人、既婚者だけどセカンドパートナーや不倫相手がほしい人、そんな人たちにおすすめのサイトがPCMAXです。

PCMAXは独立系の出会い系サイトとしては、最大手で10年以上前から運営されていて、サポートがかなりしっかりとしています。

はっきり言って大手以外の出会い系サイトを使っても、ユーザーが少ないことがほとんどなので、使うなら大手をおすすめいたします。

ちなみに婚活中の人もたくさん登録していますが、どちらかと言うと本気の婚活というよりは、若干気軽なお相手探しの人の方が多いようですね。

女性は料金は一切かかりませんが、男性は有料です。但し、新規登録をすれば1000円分のポイントがタダでもらえるので、とりあえず一度のぞいてみるだけでも損はないですよ!