何考えてるかわからない…と思う女性に対しての対処法

何考えてるかわからない…と女性に対して思った時、男性としてはこれからどう接していいのか難しいと感じますよね。でも気になる女性に対しては何考えてるかわからないと思っても、なんとかしたい!と思うもの。こういう時にはどうしたらいいのでしょうか。

直接聞いてみる

「どうしたの?」「何考えてるの?」と女性に優しく聞いてみましょう。女性としては優しく男性から聞かれたら、何らかの答えをくれるはず。自分にとって気になる男性になら、悩みを打ち明けてくるかもしれません。

もしなんとも思っていない男性から言われたとしても、自分のことを気にかけてくれたことが嬉しくて、つい本音を言うような場合もあるでしょう。時にはストレートに聞いてみるのも必要です。

でも出来るだけ優しい言い方を心がけましょう。とても悩んでいる場合もあるのです。ここで優しく聞くことが出来たら、女性としては心を開いてくれる可能性も。

楽しい話をしてみる

女性の喜びそうな楽しくて明るい話をしてみましょう。その話に女性がのってきてくれたら、何考えてるかわからないとさっきまで思っていたのが嘘のように、女性が笑顔になってくれるかもしれません。

つまりは感情の起伏が激しい女性で、自分でもコントロール出来ないケースもあるのです。楽しい話をされるまでは、なんだか暗い気持ちだったけれど、楽しい話をされて嬉しい気持ちになれるようなことも。

あの時何を考えていたのかを聞かなくても、今が楽しそうにしているのならそれでいいと思う男性の気持ちもあるでしょう。好きな女性が笑顔でいてくれるのなら、さっきのことは忘れてしまおうと思うのも、ひとつの考え方です。

元気が無い場合には

元気が無くて、そのうえ何考えてるかわからないとなると男性としては半分はお手上げ状態ですよね。でも気になる女性に対してはこういう時こそ、愛情を表現しましょう。

自分でも暗い顔をしていると思っても、どうしようもない時が女性にもあるのです。ここで本当は誰かに助けてほしいけれど、頼るのが苦手な女性は多いでしょう。頼ったり甘えたりするのは、大人の女としてカッコ悪いと思っている場合も。

でも心の中では信頼出来る人に頼りたいのです。そのため、元気が無いと感じた時には「元気が無いね。大丈夫?」と聞くようにしてみましょう。とても真剣に聞いてあげれば女性は、悩んでいる内容を話してくれるかもしれません。

元気が無い女性に対して、テンションの高い状態で接しても女性としては更に暗くなる場合も。こういう時には女性のテンションを理解して話すようにしたいですね。

何考えてるかわからないことは気にしない

何考えてるかわからない…とあまり気にすると、接するのが疲れてきます。自分にも考えたいことがあるのに、相手の気持ちばかり考えていられない…と思う気持ちもありますよね。

でも好きな女性が何考えてるかわからないとなると、どうしたらいいのか分からなくなるのは、男性としては当然のことなのです。でもこれをずっと気にしていると、相手とのやりとりが面倒になってしまう場合も。

他の人を好きになろうかな…と思ってしまう時もあるでしょう。もっと分かりやすい女性の方が楽だし…と思う時もあるはず。でも本当に好きだと思うのなら、何を考えているのかな…と思いながら近くにいるようにして、あまりそのことばかり気にしないようにしてみましょう。遠い目をする時が、女性には多いものなのです。

何考えてるかわからないのが演技の場合も

小悪魔的な女性なら、わざと男性を迷わせたり戸惑わせるようなことをします。つまりは何も考えていないのですが、何かを考えている演技をする時も。こうなると男性は何を考えているのか知りたくなり、いつの間にかその女性を意識するようになるのです。

女性からすればそれが狙いと言えるでしょう。何を考えているのか分からないところが、その女性の魅力になる場合もあるのです。そのためわざとそうしているのでは?と一度疑ってみましょう。

でも直接それは言わずに相手をよく観察してみるといいですね。そうすると相手が本当は何も考えていなくて、これはただの恋愛の駆け引きなんだと分かるかもしれません。こちらが悩んでいるのを見て、楽しんでいるような女性もいるのです。

こういう女性に振り回されないように、女性の様子を落ち着いて見るようにしましょう。

まとめ

何考えてるかわからないと思うと、相手との距離を感じるもの。でもそれを理解しようとあまり頑張ると辛くなってしまいます。それよりも自分のペースを大切にしながら接した方が、ずっと楽ですよね。

相手には相手のペースがあるので、それを全て把握するのは無理があるもの。最初からそう思っておけば、何考えてるかわからないと思っても慌てることなく、うまく対処が出来るようになるでしょう。自分らしさを優先して、大切にしていくことがベストです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする