気になる女性と恋人未満から恋人になるために必要な5つのきっかけ

恋人未満と分かってはいるけれど、ここから先になかなか進めない…と思う時も。でも少しのきっかけで、恋人未満から恋人になることは可能なのです。そのきっかけとは?

一緒にお酒を飲んだ時

時にはお酒の力を借りる時も必要です。でも泥酔してしまうと女性から引かれてしまう可能性も。程よく酔っているように見せてみましょう。

一緒にお酒を飲んで、相手の機嫌が良さそうな時には「恋人になりたいな」と伝えてみると良いですね。シラフの時に言ってほしいと思う女性もいるでしょう。そのため「お酒の力を借りないと、勇気が出なくて…ごめん」と言うようにすれば、女性は男性のことを可愛いなと思うでしょう。

自信が無くて勇気が出にくい中で頑張ってくれたと思うと、この人となら恋人同士になってもいいと思うはずです。

スキンシップが増えた時

仲良しになってくると、スキンシップが増えてくるのです。こういう時には相手に対して引くようなところを見せずに、リラックスして振舞ってみましょう。女性からの性一派の脈ありサインかもしれないのです。

スキンシップが増えたな…と感じた時には、思い切って手をギュっとつないでみても良いですね。なんとなくひじが触れるようなことがあったら、それをきっかけに手をつないでも違和感を与えないでしょう。

スキンシップが増えたと感じた時は、恋人未満から進む良いきっかけなのです。女性は誰でもいいからスキンシップをしてきているわけではありません。この男性と仲良くなりたいと思うから、スキンシップが増えるケースが多いでしょう。

スキンシップが増えたのをきっかけに、思い切って一歩前進してみたいですね。

目が合うことが増えた時

目がよく合うなぁという時は、お互いに相手を見ている場合が多いでしょう。そのため、目が合うことが増えた時には、恋人未満から恋人になる良いチャンスに。でも目が合うことを女性に言うと恥ずかしそうにするかもしれません。

まだ気持ちがバレたくない場合は、ストレートには言われたくない女性心理があるのです。こういう時には何も言わずに、目を見つめるようにしましょう。目が合ったら3秒は見つめるようにすると、相手に気持ちが伝わりやすいもの。

自分にとって目が合うことが多いなぁと思うのは、これから先に付き合うきっかけと言えるのです。

視線の心理はとても大切ですので、視線のが持つ心理について理解するようにしましょう。

好きという言葉を多用しているうちに…

「○○が好きだな」とアーティストのことや食べ物のことを言うようにしましょう。これを言っているうちに、女性は好きという言葉に敏感になってきます。そして自分も「好きです」とこの男性から言われたくなるでしょう。

「私のことは?」と男性に対して聞くような女性もいます。好きという言葉を出来るだけ女性の前で出していることにより、これが恋人未満から恋人になれる可能性が高くなるのです。

好きという言葉を男性が普段から出すようにすれば、自然にそれが良いきっかけになるでしょう。たまに出すようにするのが効果的な場合もあります。

出来るだけ効果的になるように、自分なりに好きな女性には「好き」という言葉を会話で使っていきましょう。思っているよりも女性の心にインパクトを与えられるのです。

モテるアピールをしてみる

放っておいても大丈夫な男性と思わせないことも大切。例えば「今日会社の女の子から告白されちゃった」とLINEのメッセージをするのも良いですね。同窓会に参加をしたのなら「初恋の女性に会って盛り上がったよ」と書くと、恋人未満の女性はドキッとするのです。

放っておいたら他の女性の元に行ってしまうのでは…と思わせることが出来れば、これがきっかけとして、女性は「この男性のことが好きなのかも」と思えてくるでしょう。モテるアピールはあまり過度になると、嫌味になるので気を付けましょう。

でも全然モテない男性よりも、少しモテる男性の方が女性としては魅力を感じるもの。そして少し焦りを持つこともあるでしょう。モテるアピールをうまく出来れば恋人未満の女性から告白してくることもあるかもしれません。

白黒をはっきりつけたいタイプの女性なら、尚更ここで白黒をつけたいと思うでしょう。

まとめ

恋人未満から恋人になるためのきっかけについて、お伝えしてきました。自分にとっては大切にしたい女性で恋人になりたいと思っていても、相手はその思いに気がつかないこともあるのです。

恋人未満では物足らないと思うのなら、出来るだけ早い段階で付き合うきっかけを作る必要があります。自然に訪れる場合もありますが、こちらからきっかけを作らなければいけない時もあります。行動した方がスムーズな場合は多いですから、思い切って恋人未満からステップアップをして、恋人になるようにしましょう。

いつまでも曖昧な関係を続けているのは、お互いにとって良い方向には向かわないかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする