セカンドパートナーを持つ女性が急増!得られるメリットはなに?

セカンドパートナーというのは、既婚男性や既婚女性が結婚相手以外に、異性のパートナーを持つことを言います。でもその関係はあくまでもプラトニックです。性的関係が無いのが、セカンドパートナーと不倫との違いとも言われているのです。

ではセカンドパートナーを持つことにより、得られるメリットはどのようなものでしょうか。

一人の女として見てもらえる

結婚すると家族としてしか見てもらえなくなることに、仕方が無いことだと思いながらも、淋しさを感じている女性は多いのです。でもセカンドパートナーの場合は、一人の女性として見てくれますので、人生において張りが出ることになります。

○○さんの奥さんとしか言われないような人生は嫌!と思う女性が増えたのです。それには、女性の社会進出ということが背景にあるでしょう。男性と同じようにバリバリと働いている中で、家に帰れば家族の面倒をみなければいけない…そういう中で、女性扱いをして、大切にしてくれるような存在を、既婚女性は求めているのです。

そしてそれを与えてくれるのが、セカンドパートナーと呼ばれる存在です。中にはセカンド以外にも複数のパートナーを持つ女性もいるというのですから驚きです。

体の関係を持たなくても良い

体の関係を持ちたいと思うのなら、不倫をすれば良いわけです。でもそれを特には求めていないという男女もいるのです。ただ普通に食事をしたりお酒を飲みに行ったりして、楽しく話すような関係で十分というように思っているため、プラトニックな関係を持続することが出来ます。

プラトニックな関係の中にも、ときめきを感じることはあるでしょう。でもそれ以上のことは、あまり望んでいないのです。女性の性欲が減退したというような説もありますが、忙しい日々の中で、体の関係を求めるよりも心の癒しを求める女性が増えたのではないでしょうか。

安心感を得ることが出来る

夫しかいないと思うと、夫と離婚をするようなことになった時に、経済的な面よりも自分自身が一人ぼっちになるような不安な気持ちになることも女性にはあるでしょう。子供はいずれは結婚して家を出て行くのです。

そういう時に一人ぼっちになるのは嫌だな…と思う気持ちが、女性には特に強いのです。でもセカンドパートナーがいれば、たまにデートをするようなことも可能でしょう。体調を心配し合うようなことも出来るかもしれません。

夫しか見てこなかったという女性が、夫を無くしてつまずいてしまったとしても、セカンドパートナーがいる女性は、りりしく立っていることが出来ることになります。そう考えると夫が全てと思うよりも、安心感を得ることが出来ます。これもセカンドパートナーを得ることのメリットの一つでしょう。

恋愛感情を取り戻せる

夫にはもう恋愛感情は持てないと思う既婚女性は多いでしょう。でもだからといって男友達にも、友情しか持つことが出来ないものです。そこでセカンドパートナーに対してはどうかというと、恋愛感情を持つことが出来るのです。

そして恋愛感情を持つ相手しか、セカンドパートナーとは認めない女性も多いでしょう。私はまだまだ恋愛が出来るんだ!というように思うと、女性としてはとても嬉しいものです。恋を何年していないのかな…と思うと、恋の仕方を思い出したい気持ちもあるでしょう。

以前は持っていた恋愛感情を取り戻したい気持ちになるのです。そしてセカンドパートナーに対しては、その感情を持つことが出来ますので「恋愛感情ってこういう素敵なものだったのね」と取り戻すことが出来て、女性としてはかなり幸せな気持ちになるでしょう。

まとめ

賛否両論の意見があるセカンドパートナーですが、夫がそれを認めている例も少なくないのです。離婚をしなくて、プラトニックな関係ならそれで良いと許している夫にも、セカンドパートナーがいる場合もあります。

これから先に、このセカンドパートナーという存在がどんどん浸透していくかもしれませんね。


気軽に恋人探しや既婚者同士の出会いなら!

本気の婚活というよりは、気軽に遊べる友達や恋人がほしい人、既婚者だけどセカンドパートナーや不倫相手がほしい人、そんな人たちにおすすめのサイトがPCMAXです。

PCMAXは独立系の出会い系サイトとしては、最大手で10年以上前から運営されていて、サポートがかなりしっかりとしています。

はっきり言って大手以外の出会い系サイトを使っても、ユーザーが少ないことがほとんどなので、使うなら大手をおすすめいたします。

ちなみに婚活中の人もたくさん登録していますが、どちらかと言うと本気の婚活というよりは、若干気軽なお相手探しの人の方が多いようですね。

女性は料金は一切かかりませんが、男性は有料です。但し、新規登録をすれば1000円分のポイントがタダでもらえるので、とりあえず一度のぞいてみるだけでも損はないですよ!