札幌で出会いを求めるなら押さえておきたい10のスポットと方法

それは無から始まった 北の都札幌の成長物語

自然あふれる北の大地・北海道において、日本で5位の人口(2015年9月現在194万超)を誇る政令指定都市、北の都・札幌。観光地、そして北海道経済の中心として、また冬季五輪の開催地として、世界に知られる日本の都市の1つでもあります。しかし、札幌が他の日本の大都市と根本的に違うのは、明治の開拓史以前には、人もまばらな北海道の一寒村(地名の由来は、「サリ・ポロ・ペッ」(葦の茂った・広大な・川)とするものや「サッ・ポロ・ペッ」(乾いた・大きな・川)など諸説あります。いずれも市を代表する豊平川由来のアイヌ語となっています)に過ぎなかった地が、日本を代表するレベルの大都市へと短期間に成長したことにあります。

その札幌の歴史は、1871年に開拓使が置かれたことに始まり、1875年に最初の屯田兵が入植して以来本格的に街が形成され始めました。京都をモデルとした都市計画を行い、いわゆる「碁盤の目」の形状で中心部が形成されています。その南北の軸が、テレビ塔がそびえ立ち、市民憩いの場でもある大通公園となっています。1922年に市政施行し、周辺町村や集落を吸収していきながら拡大を続けていったのです。

都市として成長していた札幌を、更に飛躍的に進化させたのが、1972年の冬季五輪開催なのは間違いありません。70m級ジャンプ(現在のノーマルヒル)で表彰台を独占した日の丸飛行隊など、日本を熱狂させただけでなく、これを機に日本の北の都から世界に知られる都市へと変貌を遂げました。この冬季五輪開催直前に、日本で唯一のゴムタイヤを使用(乗り心地が良い)した市営地下鉄が営業開始しており、今や札幌の交通機関の大動脈として市民の足を支えています。

また1950年に、地元の高校生などが大通公園で極々小規模に始めた雪祭りは、今や札幌を代表するイベントとして、日本だけでなく世界に知られる存在となりました。また、1992年に大学生を中心に始まったYOSAKOIソーラン祭りが、札幌の夏の大イベントとして定着しつつあります。

そんな札幌は、近年では北海道観光がアジア人を中心に人気が出た関係で、日本人だけでなく、中韓台湾や多くのアジア人が訪れる都市となり、街中にも中国語や韓国語の案内看板が目立つようになりました。この先どのような都市として移り変わっていくのか、目が離せません。

1.和歌山ってみる

2.ディスコに行ってみる。

3.シングルスバー(婚活バー)に行ってみる。

4.

5.走ってみる

8.男女で相席をセッティングしてくれる居酒屋に行ってみる

9.スポーツジムに行ってみる

10.スポーツサークルに入ってみる

12.婚活パーティーに行ってみる

13.街コンに参加してみる

14.キャバクラに行ってみる

まとめ

いかがだったでしょうか?実際和歌山に限らずその気になれば出会いの場は本当にたくさんあります。今回は14個ほど書きましたが、まだまだあると思いますので、このページは定期的に追加・修正していく予定をしております。

こんな場所でこんな出会いがー!?という情報があれば、ぜひ出会いマガジン編集部まで送ってみてください!もしかしたら採用させていただくかもしれません。

TO BE CONTINUED…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする