若者の4割弱が恋人欲しくないというのは本当なのか!?

若者の4割弱が恋人欲しくないというのは本当なのか!?

ちょっと前(といってももう1ヶ月以上前ですが・・・)にヤフーニュースに掲載されていたこのタイトルの記事について書きたいと思います。

その記事のタイトルというのが、

「恋人欲しくない」4割弱=未婚若者に調査−少子化白書

というもの。

なんかこう、

恋人がほしくない若者がこんなにいるんだよ!!!

って言うのをあおるようなタイトルでした。

ちなみに記事の内容はというと、

 政府は22日午前の閣議で、2015年版の「少子化社会対策白書」を決定した。内閣府が20歳代と30歳代の男女を対象に実施した結婚に関する意識調査の結果を紹介。未婚で恋人がいない男女に恋人が欲しいかを尋ねたところ、「欲しい」は60.8%、「欲しくない」は37・6%だった。

調査は全国の20~39歳の男女7000人を対象に、14年12月~15年1月にインターネットと郵送で実施。有効回答率は37.8%だった。
未婚で恋人がいないと答えた人の割合は男女全体で28.8%。このうち「欲しくない」と答えた人を性別にみると、女性39.1%、男性36.2%と女性の方が高かった。また、男女とも収入が低い人ほど恋人を求めていない傾向が表れた。
欲しくない理由を複数回答で聞いたところ、男女全体で最も多かったのは「恋愛が面倒だから」46.2%で、「自分の趣味に力を入れたい」45.1%、「仕事や勉強に力を入れたい」32.9%と続いた。(2015/06/22-10:34)
引用元:http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015062200131&g=soc

となっています。

これタイトルだけ見ると、

若者の4割が恋人いらないっていってるらしい!

って誰もが思ってしまいますよね。

記事をちゃんと読めば理解できることなんですが、すごい誤解を招くようなタイトルで、悪意さえ感じてしまいます。

ネットニュースの場合、斜め読みの人も多いし、タイトルしか見ない人もいるから、少しでも中身を見てもらおうと煽るようなタイトルや誤解を招くタイトルが付けられている場合も珍しくはありません。

えっ!?マジ? って思わせた時点でクリック率が上がるのでしょう。

しかし、それほど興味のない人はタイトルだけを流して読む人も多いので誤解を招かないタイトルを付けてほしいものです。

この記事もタイトルから受ける印象と実際に記事を読んだ内容がかなり違うので数字をひとつずつ紐解いていきました。

まずこの記事にはこう書いてあります。

未婚で恋人がいない男女に恋人が欲しいかを尋ねたところ・・・

そう、あくまでも「未婚で恋人がいない人」が対象であって、この記事のタイトルの「4割弱」という数字も「結婚していなくて、尚且つ恋人もいない人」に対しての数字ということです。

分かりやすくまとめるとこんな感じになります。

調査対象は7000人で有効回答数は37.8%とありますが、ここでは有効回答数を1000人として計算してみましょう。

その内訳を書くと、

1000人の男女のうち、712人は既婚者、もしくは恋人がいる。

そのうち恋人がいない独身者が288人である。

その288人に恋人がほしいかと尋ねたところ、その内109人が恋人がほしくないと答えたということ。

表にするとこんな感じです。

201450808

つまり、20代30代の若者のうち約9割は結婚しているか恋人がいるか、もしくは恋人がほしいと思っているということです。

そして恋人がほしくないといっている独身者は約1割程度ですね。

今も昔も「恋人なんていらない!」って言っている人は必ず一定数いましたから、この調査の全体の1割というのは確かに多いのかもしれませんが、まあこんなものじゃないかと思いませんか。


気軽に恋人探しや既婚者同士の出会いなら!

本気の婚活というよりは、気軽に遊べる友達や恋人がほしい人、既婚者だけどセカンドパートナーや不倫相手がほしい人、そんな人たちにおすすめのサイトがPCMAXです。

PCMAXは独立系の出会い系サイトとしては、最大手で10年以上前から運営されていて、サポートがかなりしっかりとしています。

はっきり言って大手以外の出会い系サイトを使っても、ユーザーが少ないことがほとんどなので、使うなら大手をおすすめいたします。

ちなみに婚活中の人もたくさん登録していますが、どちらかと言うと本気の婚活というよりは、若干気軽なお相手探しの人の方が多いようですね。

女性は料金は一切かかりませんが、男性は有料です。但し、新規登録をすれば1000円分のポイントがタダでもらえるので、とりあえず一度のぞいてみるだけでも損はないですよ!