彼女と仲直りをするために!男として出来ること

彼女とケンカをして仲直りがしたい…でも、何が出来るんだろうと悩んだままでは前に進めないのです。前に進むためには、男として自分に何が出来るのかを考えるのが重要。

これを考えてみれば、案外出来ることが多いと気がつくでしょう。

彼女に連絡をしてみる

彼女とのやりとりが普段はLINEの場合には、あえてメールで連絡を取りましょう。こちらの思いが真剣で、誠意を持っているとアピールするためです。いつものようにLINEでのやりとりをしてしまうと、そんなに軽い気持ちなんだ…と女性から思われてしまう場合も。

でも普段とは違ってメールで連絡をするだけでも、いつもとは違う思いがあると伝わるのです。メールの内容としてはすぐに謝る方法もありますが、前置きも多少必要でしょう。

「やりとりしなくなって1週間経ったね」と意味深な書き方をするのも効果的。この後に何が続くんだろう…と彼女はドキドキして読むでしょう。

この後に「あの時は本当に悪いことをしてしまった」と自分の非を認めて「ごめんなさい」と伝えれば、彼女としてはメールで何らかの返事をくれるでしょう。そして、自分の思っていることを伝えてくれるはずです。焦らずに返事を待ちましょう。

彼女の友達に相談をする

おそらくこのケンカのことを、友達に言っている可能性は高いでしょう。でも友達に何でも話すタイプの女性もいれば、出来るだけ暗い内容は話さないようにする女性もいます。

彼女がどちらのタイプなのかを考えてみましょう。それでも分からない場合には、彼女の友達に「○○ちゃんから、何か聞いていない?」と聞いてみると良いですね。これにより、「ケンカしたんだってね」と彼女の友達が言ってくれる場合も。この時に彼女の友達に悩んでいると伝えてみましょう。

実は彼女もとても悩んでいるかもしれません。そのため、友達から「彼氏から相談があったよ」と間に入ってもらうのも一つの方法です。でも女同士の友情は、男性が思っているよりも複雑な場合も。

例えば、早く別れさせたいと思っているような友達もいるのです。こういう人に頼んでしまうと困ることになりますので、出来れば3人で会うようにセッティングしてもらった方が良いでしょう。会わないで口頭で伝えてほしいと頼むと、思ってもいないように伝わる恐れもあるのです。

彼女の家に行ってみる

自宅暮らしでも一人暮らしでも、彼女の家を知っているのなら訪ねてみましょう。突然の訪問で、彼女としては戸惑うかもしれません。無理に部屋に入ろうとしなくても良いのです。

「急にごめんね」「ただどうしても会って謝りたかった」と伝えれば、彼女の家に来たことを彼女が怒るような可能性は低いでしょう。彼女の家に行く前に電話をする方法もありますが、電話で話して返ってこじれる場合もありますので、思い切って会いに行ってしまった方が良いケースもあるのです。

プレゼントを贈る

彼女宛てに花束を贈ったり、彼女の好きそうなものを贈るようにしましょう。そこにカードを添えると良いですね。「仲直りがしたいです」とカードに書けば、彼女の気持ちも落ち着くかもしれません。

女性は花束やスイーツなどに弱いパターンがありますので、それらを贈ってみるのも良いですね。彼女の好みを理解していることをアピールする手段にもなります。「私の好みを知ってくれているんだ」と思うと、彼女としては嬉しいもの。

プレゼントを贈って彼女の機嫌を取るようにする時、必ずしも高価なものが良いわけではありません。彼女の好みに合うもの、気持ちの伝わるものを選ぶようにすることが大切です。

手紙を書く

メールやLINEで済むような内容でも、手紙にすると心が込められているように感じる場合もあるのです。手紙にお詫びの気持ちとともに、相手に対しての愛情を表す言葉を書いてみましょう。

字があまり上手ではなくても、直筆で書くことに意味があるのです。それは世界でたったひとつの手紙ですから、彼女の心に響くはずです。手紙を書く時には、強がりを書かずに出来るだけ正直で素直な気持ちを伝えましょう。

相手を傷つけるような内容は避けて、自分がどれぐらい相手を大事に思っているのかを伝えるようにすれば、思いは必ず伝わります。

まとめ

彼女と仲直りするなんて出来ないと諦めるのは、いつでも出来ることです。それよりも今何が出来るのかを考えて行動に移す方が、ずっと大切。

大切な相手を失う前に、自分の出来ることを精一杯して彼女と仲直りをするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする