付き合うきっかけは、どういう時にやってくる?きっかけづくりも大切!

付き合うきっかけがないまま、ずっとやりとりをしている男女もいます。でも付き合うきっかけさえあれば、すぐにでも恋人同士になれる場合も。では、付き合うきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。きっかけを作ってみるのが必要な時もあるもの。

好きなタイプについて話した時

お互いにどんな異性がタイプ?と話すような機会もありますよね。こういう時には、好きなタイプについて正直に言い合うでしょう。そして実際に言い合ってみると、案外当てはまるところがお互いに多い…。こう気がついたことをきっかけに「それなら付き合おうか」という流れになる場合もあるのです。

気になる相手には、好きなタイプの話をお互いにするようにしましょう。それによって、自然に良い流れになる可能性は高いのです。

落ち込んで元気が出ない時

落ち込んで元気が出ないなぁと思っていた時に、相手から連絡がきて励ましてくれるような場面も。おかげで元気をもらうような場合もあります。そしてこれをきっかけにもっと仲良くなりたい…と思い「付き合ってください!」と言うこともあるでしょう。

元気が無いことや、連絡をくれたことが付き合うきっかけになるのもあり得ることです。元気が無い時には、相手に素直に伝えてみると良いですね。それに対しての相手の反応で相手がどういう人かも分かるものです。

好きな人がいると言われた時

好きな人がいると聞いて突然で驚く時も。「もしかしたら他の男に取られてしまうかも…」と焦って告白をしたら、実は両思いだった!という場合もあります。相手が好きな人がいると伝えてきたのは、脈ありサインだったのでしょう。

でもそれをサインだと気がつかずに、焦って告白をしたことを少し恥ずかしく思いながらも、これが良いきっかけになったのだから、いいかなと思う男性もいます。お互いに勇気を出したので、ねぎらい合いたい気持ちになるかもしれません。

 転勤が決まった時

転勤が決まってもう今までのように会えないと分かった時に、取る道として遠距離恋愛をしようと決めるパターンもあります。離れてもう会えなくなるかも…と思ったら、とても辛くなり、このままではいられなくなったのでしょう。

そして「遠距離になるけれど、付き合ってほしい」と女性に言うケースも。ここで女性も「愛情があれば大丈夫!」と言ってくれるかもしれません。遠距離恋愛において大切なのは、二人のいる環境というよりも、心の距離がどうかということなのです。

心の距離が近い二人なら、遠距離恋愛を続けてそのまま結婚にゴールイン!ということもあり得るでしょう。

 急にキスされた時

突然女性からキスされるような場面も。女性としては「付き合おう」と言ってくれない男性に対して、もう待ちきれない!と思ったのかもしれません。でもかなり勇気を出してキスをしてきたのでしょう。

このキスがきっかけで、付き合い始める場合もあるのです。キスは愛情のバロメーターでもあるため、ここでもしも嫌悪感を持ったのなら二人は恋人にはなりにくいでしょう。でもキスをされて胸がときめいたのなら、愛情があるため付き合うようになるのです。

女性からキスをするのも、現状として増えています。肉食系女子が増えたのも理由のひとつですが、男性が恋愛に消極的なのを見て女性が積極的になっているのも、女性からのキスが増えた理由でしょう。

 他の男性と歩いているのを見た時

他の男性と歩いているのを見ても、本来なにも思わないはず…なのにこんなに辛い…と思った時に、自分の思いに気がつく男性も。そして「この前○○と一緒に歩いていたね」と女性に言う時に、明らかに嫉妬している自分に気がつくのです。

なぜこんなに嫉妬しているんだろう…と思った時に、自分の思いに気がつくでしょう。女性が「彼は友達よ」とここで言ってくれたら、男性は「俺を付き合って」と勢いで言うことになるでしょう。

「最近気になる人なの」と言われたとしても、ライバルに負けていられない!と思い「俺のほうが前から○○ちゃんのことを好きだから」と言う場合もあるのです。他の男性と歩いているという事実を見た時に、自分の思いにやっと気がついたという男性も。

そしてこれが付き合うきっかけになったのなら、良かったと言えるでしょう。

 他の女性に告白された時

今まであまり親しくなかった女性から告白されることも。でもここで浮かぶのは、いつもやりとりをしている女性のこと。ここで自分の気持ちに気がついて「○○ちゃんに告白しよう!」と男性は思うのです。

勇気を出して告白してくれた女性には悪いですが、その勇気のおかげで自分も勇気を出せた例もあります。他の女性ではなく自分が付き合いたいのは、あの子なんだ!と分かったので、告白を決めるのです。

ここで、他の女性から告白されたと伝えた方が、自分の告白がうまくいく確率が高いかもしれません。女性にとっても他の女性のものにならないでほしい!と思う気持ちが出てくるかもしれないからです。

放っておいても大丈夫な男性よりも、放っておいたら他の女性のところに行ってしまうかも…と思わせる男性の方が、魅力的ですよね。

 イベントが近づいてきた時

クリスマスやバレンタイン、年越しなどのイベントが近づいてくると、彼女がいるといいなぁと思う男性もいます。これは女性にも言えることなのです。

イベントなのに一人で過ごすのか…と思うと淋しい気持ちになるでしょう。でもイベントが近づいてきて、周りに恋愛対象の女性がいるとこの機会に告白しようかな…と思うパターンも。

イベントは気持ちが高揚するので、この機会に告白をして彼女を作ろうかな…と思うのです。イベントはどうでもいいと思う男性もいますが、付き合うきっかけが欲しいなと思っているような場合には、それならこれをチャンスに…と思うのでしょう。

 好きだと言われた時

友達と思っていた相手から、好きだと言われるような場合もあります。これも付き合うきっかけにつながるでしょう。自分から言おうかな…と少し思っていたけれど、友達という曖昧な関係もいいなと思ったり、関係が崩れるのが嫌だなと思っていたりする場合には、好きだと言われたことにより、ここで自分も男として決意をしよう!と思うのです。

相手の女性にだけ頑張らせるわけにはいかないと思い、自分もここで相手の気持ちに応えようとするでしょう。相手の気持ちを聞いて、その気持ちに応えるような付き合い方も、ひとつの恋人の形と言えるのです。

 風邪で寝込んだ時

風邪で寝込んだ時に、女性がお見舞いに訪ねてきてくれた時、男性としてはとても嬉しい気持ちになります。体調が悪いと人は不安や孤独を感じるもの。こういう時に女性が優しくしてくれたら、男性は好きになってしまうでしょう。

今までも恋愛対象として見ていたとしたら、これはまさに付き合うきっかけとして、使えるパターンなのです。相手が風邪をひいて、男性がお見舞いに行く場合も。こういう時に相手の存在の大きさを感じることもあるでしょう。

 まとめ

付き合うきっかけはかなりたくさんあります。その中でどれを使うかは、二人のやりとりの流れで決まる場合もあるでしょう。

でもこれらの内容を参考にして、今度試してみよう!と思って実践してみるのもオススメです。あまり構えずに普段通りに接しながらも大切なことを伝えるようにすれば、二人の関係は大きく変わることになるでしょう。

そして、恋人になれたことに対しての喜びを、二人で感じながら過ごせるようになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする