男性必見、甘えたい!けど甘え下手。。。な女性が出すサインとは?

甘えたいけれど甘え下手な女性が出すサインを見逃さないで!

甘えたいけれど甘え下手な女性が出すサインを見逃さないで!

甘えたいけれど甘えられない女性はとても多いです。でも甘えたい…という気持ちがサインに出ていることも。どのような時にそれが分かるのでしょうか。お伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

話していて急に黙る

話していて急に黙る

話していて急に黙る

今まで普通に話していたのに急に黙るのは、本当は言いたいことがあるからです。でもストレートに言えないので、どうしていいのか分からないのでしょう。こういう時には「どうしたの?」と優しく聞くようにしましょう。

相手が本音を言ってくれるかもしれません「実はね…」と相手が話してきたら、優しく聞いてあげるようにしましょう。この人に話せば優しく聞いてくれるんだ…と思ったら、これからも話せると女性は思うでしょう。

でもここで黙ってしまった女性を見て、次は自分の話を始めてしまうと、女性は仕方なくその話を聞くことになるでしょう。本当は甘えたいのに甘えることが許されない…と思ってしまうのです。

元気がない日が続いている

元気がない日が続いている

元気がない日が続いている

元気がないなぁと見ていると気がつくものです。でも自分からそれさえ言えない女性もいるでしょう。そういう時には「元気がないけれど、何かあったの?何でも聞くよ」と言ってあげましょう。

出来るだけ表情には出さないようにしている女性でも、どうしても表情に暗い気持ちが出てしまう時があるのです。こういう時は、出来れば甘えたい…と思っている場合が多いでしょう。

でも、自分から弱さを見せられないので表情に出すしかないのです。この状態のままでは日々がとても辛いはずですから、甘えさせてあげるようにしましょう。

何度も連絡をしてくる

何度も連絡をしてくる

何度も連絡をしてくる

何度もLINEを送ってくるけれど、これといってたいした内容ではないので、適当に返すこともあるでしょう。でも本当は何か伝えたいことがあり、それを分かってほしいのです。でもそれが言えないので、ただ何度もメッセージをしてしまうのでしょう。

何度もメッセージをしてしまう自分を、何しているんだろう…と思いながらも、頼りたくて甘えたい自分がいるのです。でもそれを素直に言うことが出来ない、そのため扉を一生懸命ノックしているのでしょう。

その思いを少しでも分かってあげる必要があります。それが分かれば、女性に「今、通話いい?」と聞いて「悩みごとがあるんじゃない?」と聞くことが出来るでしょう。

女性は本当はこの言葉を待っているのです。そしてこの言葉をくれた男性に対して感謝の気持ちでいっぱいになるでしょう。

目の前で溜息をつく

目の前で溜息をつく

目の前で溜息をつく

一緒にいて溜息をつかれると、男性としては嫌な気分になる時もありますよね。一緒にいるのが楽しくないのかな…と考えてしまうことも。でもこれは自分の辛い思いを分かってほしい甘えたいサインなのです。

溜息をついているのを見たら「ん?どうしたの?」と聞いてあげましょう。それでは最初は「ううん。なんでもないの」とごまかすかもしれません。でもここで「○○ちゃんのことが気になるから」とここで言ってあげると、女性は嬉しい気持ちになるのです。

そして、気にかけてくれるこの人とこれからも一緒にいたいな…と思うでしょう。

ボディタッチが多い

ボディタッチが多い

ボディタッチが多い

なぜかボディタッチが増えているような時も、甘えたいサインなのです。ボディタッチが今日は多いなぁと思った時には、脈ありサインを見せているのかなと思う男性も。

でもただ甘えたいという思い、人恋しい思いがあるのでボディタッチが増えているのです。こういう時に女性は、なんとなく人に触れたくなります。でも誰でもいいというわけではなくて、自分にとって気になる男性、いいなぁと思う男性だからそうしているはず。

もしもそうしてくる時には、きっと甘えたいんだなと思い、手をギュっと握って「そばにいるよ」と笑顔で言ってあげれば、女性は寄り添ってきて甘えてくるでしょう。

まとめ

甘えたいと思い、上手に甘えられる女性もいれば甘えるのが全然出来ない女性もいます。でも自分なりに表現していることもありますので、女性の様子をよく見るようにしてみましょう。

相手の反応に気がつくことが出来れば、女性としてはこれからも頼れて甘える男性と思い、二人の関係はもっと良いものになっていくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする