忙しい彼氏に対して彼女が思うのはこんなこと

忙しい彼氏に対して彼女が思うのはこんなこと

忙しい彼氏に対して彼女が思うのはこんなこと

忙しい彼氏を見ていて、彼女はどんなことを思うのでしょうか。忙しい彼氏に対する彼女の思いについて考えていきましょう。

淋しいと思う

淋しいと思う

淋しいと思う

忙しい彼氏を見ていて、本当はとても淋しいと感じている女性もいるでしょう。でもそれをあまり表面に出すと彼氏に重いと思われそうで、言えない場合も。淋しいなと思いながらその気持ちを隠している女性は多いでしょう。

ここで淋しいと言うのが、とてもカッコ悪いことのように思う女性もいるのです。出来れば自立したカッコイイ女性でいたいと思うので、彼氏の前では淋しいと言えないでいるのでしょう。

忙しい彼氏は、こういう女性の気持ちに気がつく余裕がありません。表面的に平気そうにしているから大丈夫だろう…と思うのです。でも後から本当は淋しかったと聞かされて、その時に言ってほしかった…と残念に思い場合も。

カッコイイと思う

カッコイイと思う

カッコイイと思う

仕事が出来て忙しい彼氏なら、女性から見ていてカッコイイ思うでしょう。そのため仕事で忙しい彼氏を見て、誇りに感じるのです。自分の彼氏は仕事が出来る男!と思うと、これからも付き合っていきたいと思うでしょう。

仕事を頑張る彼氏を応援したい気持ちになることも。でももし仕事ではなくて友達と会うから忙しいと言われたり、趣味を楽しみたいから会えなかったりすると、残念な気持ちになります。

ひとりぼっちで置いていかれているような気持ちになり、こういう相手とは長く付き合えないと思うかもしれません。仕事で忙しいなら我慢出来るのですが、そうではない場合には嫌だな…と感じる女性も。

責めたくなる

責めたくなる

責めたくなる

「なぜそんなに忙しいの?」「私のことを大事じゃないの?」というように、彼氏のことを責めてしまいたくなる彼女もいるでしょう。実際に責める女性もいるのです。そうしないと気持ちの行き場が無いのでしょう。

気持ちの行き場をどこかに探そうと思っても、それが無いので仕方が無く彼氏にぶつける女性もいます。そうしないと自分を保つことが出来ないのです。彼氏を責めたら嫌われるかもしれない…そう分かっていながらも、言わずにいられなくなる時も。

それまでにかなり我慢をして、耐えきれなくなって責めてしまう女性もいるでしょう。

何も言えないでいる

何も言えないでいる

何も言えないでいる

好きだから、嫌われたくないから何も言えないでいる女性もいます。忙しいと言われてしまうと、これ以上はもう何も言えない…と思ってしまうのでしょう。それはどこか自分に引け目があるからかもしれません。

自分に自信がしっかりあれば、言いたいことも言えるでしょう。でも言えないのは自分に自信が持てないからです。自信を持てない自分の彼氏でいてくれているだけでも感謝なので、これ以上のことは望んではいけないと思う女性も。

でも本当はそんなふうに思ってしまうと、男性の言いなりになってしまうのです。それに気がついていても、どうしても強く出られない女性もいるでしょう。

いつ言おうかタイミングを待っている

いつ言おうかタイミングを待っている

いつ言おうかタイミングを待っている

自分としては「これ以上忙しいようなら別れます」と言うつもりで、そのタイミングを待っている女性もいます。このタイミングをしっかり決めて、納得のいく時に言おうとしているのでそう。

これを最後の切り札だと思っているので、簡単には言えないのです。もしもこれを言ってしまったら、本当に別れなければいけない…。その覚悟を持ちながらタイミングを待っている女性もいます。

忙しくても、いつも怒らずにいてくれると男性が甘えている間に女性はここまで考えているケースも、笑顔でいるからといって許してくれているわけではないのです。一番良い他ミングを自分なりに見ているだけの場合もあるでしょう。

こういう女性の一面があることを理解して、女性とのやりとりをしていくようにしたいですね。

まとめ

忙しい彼氏に対して最初は許せたけれど、段々と嫌になってしまう女性もいます。彼氏よりも会いやすくて大切にしてくれそうな男性が現れたら、そちらに行こうと決めている女性もいるでしょう。

いつまでも普通に対応してくれるかどうか、女性の心の中はそんなに簡単なものではないのです。もしも女性に対して悪いな…と思うのなら、言葉だけでもいいので愛情と感謝の意持ちを伝えるようにしましょう。

関連記事です。

女性が持つ多くの恋愛の悩みについて解決策を考えていきましょう。

恋愛の悩みは尽きないことが多いのではないでしょうか。その中でも特に女性が多く持つ恋愛の悩みはどのようなものなのか、一緒に考えていきましょう。...