好きな人と両想いになるために男性が持っておきたいテクニック

好きな人と両想いになるために男性が持っておきたいテクニック

好きな人と両想いになるために男性が持っておきたいテクニック

好きな人と両想いになりたい…と思うけれど、自分はあまり恋愛が得意ではないし…と不安に思う場合も。でも好きな人と両想いになるには少しのテクニックが必要なのです。これがあれば、ある程度早い段階で好きな人と両想いになれるでしょう。

時にはクールにする

時にはクールにする

時にはクールにする

いつも相手を好きだと分かるような態度でいるのではなくて、時にはクールになってみましょう。普段とは違う面を見せると、相手はドキッとするもの。いつも優しくて穏やかなだけでは、相手に飽きられてしまいます。

でもクールな面も持っていることを見せると、相手としては「もっとこの人を知りたい!」と興味を持つのです。相手に興味を持たせるには、少しの工夫が必要に。時にはクールな面を見せれば、女性としては色々な面を持っていると思い男性を好きになるのです。

時にはクールな面を見せたり、相手に対して引いてみたりするような態度を見せるのもテクニックと言えるでしょう。

普段から努力をしているアピールをする

普段から努力をしているアピールをする

普段から努力をしているアピールをする

普段から自分を磨く努力をしている男性は、女性から見て魅力的。成長したい!という思いを強く持っている男性に対しては、これから応援していきたいと女性は思うのです。何も考えずに怠惰に日々を過ごすのではなくて、ジムに通ったり資格を得る勉強をしていたりするところをアピールしましょう。

でも過度にアピールをすると、女性から見て面倒な相手に思われてしまいます。さりげなく努力家の自分をアピールすれば、女性ウケはとても良いでしょう。これもひとつの恋愛のテクニックなのです。

自分も普段から努力をしようとしている女性から見ると、努力家の男性は更に素敵に見えるでしょう。

うまく脈ありサインを見せる

うまく脈ありサインを見せる

うまく脈ありサインを見せる

脈ありサインを見せるには、分かりやすすぎるものよりも少し凝ったものの方がいいでしょう。相手がすぐにこちらの気持ちに気が付くようなサインではなくて、どっちなんだろう?と思わせるのも必要に。

どう思っているのかな…と思っているうちに、その男性のことが気になってくるのはパターンとしてあるのです。脈ありサインを見せる時には「○○ちゃんとのやりとりが楽しい」とメッセージを書いたり「毎日連絡しちゃってごめんね」と書きながら、たまには連絡をしなかったりするのも効果的。

相手からどう思われているのかなと思う時、女性の心は揺れるものです。こうして相手の心を揺らすようにすれば、自然に相手の心に自分の存在を強く刻めるようになるでしょう。

相手の誕生日を大切にする

相手の誕生日を大切にする

相手の誕生日を大切にする

相手の誕生日やイベントの日には、メッセージをするようにしましょう。女性にとって自分の誕生日はとても大切なもの。素敵なことがありますようにと願う気持ちもあります。

でも願っていても、この誕生日は忘れられない!と思うものにはなかなか出会えないもの。そのため、例えば誕生日はLINEのメッセージを早い段階で入れて「素敵な日になりますように。来年の誕生日には一緒に過ごしたいです。」という内容なら、女性は幸せな気持ちになれるでしょう。

会えそうなら、短い時間でも会うようにした方がいいですね。カフェでゆっくりお茶をするだけでも、相手にとっては穏やかで嬉しい誕生日になるかもしれません。

自分の誕生日を軽くアピール

自分の誕生日を軽くアピール

自分の誕生日を軽くアピール

自分の誕生日は、好きな女性には知っておいてほしいもの。でも今までに伝えたことがないとしたら、相手はこちらの誕生日を知らないでしょう。ここであまり強くアピールをすると、プレゼントを要求していると勘違いされてしまいます。

そうではなくて「3日後には、30歳になります」のようにメッセージで書いてみましょう。「誕生日が近いのね!」と女性としては思うもの。そして謙虚な伝え方だなと思い、何かしてあげたくなるかもしれません。

女性としての母性本能をくすぐられるのが、こういうメッセージです。「〇月〇日が誕生日です」と書かれても、「それで?」と女性はクールな気持ちになってしまう場合も。それよりも謙虚な言い方で伝えてくれた方が、可愛い男性だなと思い、キュンとするのが女性心理。

自分の誕生日をうまくアピールをして、そのやりとりの中で両想いになれるようにもっていきましょう。

まとめ

好きな人と両想いになるには、相手を大切に思う気持ちを伝えることも必要。言葉や態度に出さなければ分からない場合もあるのです。

脈ありサインを見せているつもりでも、全然相手は気が付かないこともありますので、相手を理解したい、もっと近くにいきたいと分かるような内容を伝えていくのも、好きな人と両想いになるための近道です。

相手を理解すれば、どのような方法で仲良くなっていけるかが分かる場合も多いでしょう。