年上彼氏の魅力はどんなもの?年上彼氏と付き合う5つのメリット

年上彼氏の魅力はどんなもの?年上彼氏と付き合うメリット

年上彼氏の魅力はどんなもの?年上彼氏と付き合うメリット

年上彼氏の魅力について、実際に付きあったからこそ分かる場合とまだ付き合ったことがないからこそ憧れる場合がありますよね。では年上彼氏の魅力と付き合って得られるメリットについてお伝えしていきましょう。

甘えやすい

甘えやすい

甘えやすい

相手が年上だと思うと甘えやすいと感じる女性は多いもの。今まで男性に甘えるのが苦手…と思っていた女性でも、年上彼氏の前では自然に甘えられる場合もあるでしょう。

自分の中にもこんなふうに可愛い面があったんだ…と思うと嬉しくなってくるのです。普段の自分は男っぽくて全然女性らしさが無いと思っていたけれど、年上彼氏の前では違う自分でいられると思うと「この人と付き合って良かった」と心から思えるはず。

年上彼氏の魅力は、甘えてくる女性に対して上手に対応してくれるところでもあるのです。これを知ると女性は「やっぱり付き合うのなら年上男性!」と思うようになるでしょう。

経験値が高い

経験値が高い

経験値が高い

年上彼氏は、自分よりも経験値が高い場合が多いでしょう。自分の知らないことをよく知っていて、既に経験をしているためアドバイスをくれるのです。これが自分にとってプラスになると感じる女性は多いでしょう。

今までの彼氏は経験値が低かったけれど、今度の彼氏は違う!と思うと、彼氏の虜になる場合もあるのです。でも経験値の高さを自慢してこないのも、年上彼氏の魅力です。経験値が高いというのを自慢されると、女性は途端に冷めてしまうでしょう。

ここで自慢をしないからこそ、謙虚さの中にも賢さを感じて魅力的だと思うものなのです。

お金に余裕がある

お金に余裕がある

お金に余裕がある

年上彼氏は金銭的に余裕があることが多いので、デートをする時にも女性は安心感があります。少しリッチなお店に連れて行ってくれたり、記念日にはブランド品をプレゼントしてくれたり。

女性としては、自分を大切にしてくれていると感じて嬉しい気持ちに。お金に余裕のある彼氏を見て頼もしさを感じるのです。例えば今までの彼氏は、女性が御馳走をしなければいけなかったり、割り勘を迫ってきたり。これと比べると、今はなんて幸せなんだろう…としみじみと思うのです。

元彼と別れたおかげで、今の年上彼氏と付き合えたと思うと、神様ありがとう!という気持ちになるかもしれません。

穏やかに接してくれる

穏やかに接してくれる

穏やかに接してくれる

年上彼氏とは喧嘩にならないことが多いです。穏やかに接してくれるので、自分が引く時にはうまく引いてくれるため、女性がカッとなっても落ち着かせることが出来るのでしょう。

女性としても、あれ?なんでカッとなったんだろう…と反省したりします。年上彼氏の穏やかな接し方を見て、女性はとても居心地が良いと感じるでしょう。自分にとってこんなに居心地の良い場所があったなんて…と感動するかもしれません。

年上彼氏でも、元は穏やかではない場合もありますが相手が年下彼女の場合は、かわいいなと思い自然に穏やかになるケースもあるのです。

こちらのペースに合わせてくれる

こちらのペースに合わせてくれる

こちらのペースに合わせてくれる

年上彼氏の魅力は、彼女のペースに合わせてくれるところでもあります。彼女がこうしたいと言えば、それならそうしようと言ってくれる男性が多いでしょう。時には亭主関白のようなタイプもいますが、どちらかというと年上彼氏は年下彼女の喜ぶ顔が見たいので、彼女の気持ちを優先させてくれるのです。

そのため、女性としては自分らしくいられてとても嬉しいでしょう。自分のペースで付き合える相手なんていたんだ…と驚くこともあるかもしれません。今までは彼氏のペースに必死で合わせてきたけれど、年上彼氏はそうではないのでとても楽なのです。

自分らしくいられる相手を求めていた!という女性にとっては、年上彼氏は最適な相手でしょう。こういう相手と出会えたら、彼女としてはこれからも長く付き合いたいと思い、出来れば結婚がしたいと思うかもしれません。

実際に年上彼氏は結婚を前提で付き合おうとする場合も多いので、結婚を意識している女性から見てもピッタリなのです。

まとめ

年上彼氏の魅力は、まだまだたくさんあります。一度は付き合ってみた方がいいのが年上彼氏でしょう。年上男性は恋愛対象に入れていないと思う女性もいるかもしれませんが、それはとてももったいないです。

年上だからこその魅力を実感出来るチャンスがありそうなら、付き合うまでいかなくてもデートをしてみるとその良さが分かる場合も。そして「こういう人となら付き合いたい!」と思う可能性は高いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする