付き合うまでの期間に、男性が女性に出来る5つの当たり前のこと?

付き合うまでの期間に男性が出来るのはどんなこと?

付き合うまでの期間に男性が出来るのはどんなこと?

付き合うまでの期間には、男性としてはどんなことが出来るのでしょうか。付き合うまえの期間だからこそ、出来ることも。ではどのようなことが出来るのか、お伝えしていきましょう。

相手を見極める

相手を見極める

相手を見極める

このまま友達でいるのか、それとも進展したいのかを考えてみましょう。付き合うまでの期間は、相手を見極める期間でもあるのです。付き合ってから、思っていたのと違う…と思わなくても済むように、付き合う前に色々と相手のことを見ておきましょう。

付き合ってから、こんな女性だと思わなかった…というは、案外多いパターンです。好きになると、相手のことがよく見えすぎてしまうのでしょう。きっと理想の相手だと思い込んでしまう場合も。

でも実はそうでもないかもしれませんので、この期間に相手をしっかり見極めるようにしましょう。相手としても、こちらのことを見極めようと思っている場合が多いのです。でも女性は、見極めようとしているところを男性に気づかせないようにするのが得意。

でも、自分の中のチェックポイントはしっかり持っていて、チェックをされているのです。

他の女性も見てみる

他の女性も見てみる

他の女性も見てみる

一人の女性だけを見ていると、その女性の良いところしか見えない場合も。付き合うまでの

期間なら、他の女性を見ても本来はありなのです。

でも、これによりバレた時に誠実ではないと本命女性から思われるリスクはあるでしょう。でも子のリスクを負ってでも、一人の女性以外を見ておくのも必要に。本命の女性にしたい相手だからこそ、悪い面も見ておきたいところです。

それには比較対象が要るもの。比較対象があれば、本命の女性と付き合うかどうかも決めやすくなるでしょう。他の女性とのやりとりの中で、もっと自分に合う女性を見つける可能性もあるのです。

せっかくの自分の可能性と思い、時には違う女性を見ておくのも良いですね。

距離を置いて見てみる

距離を置いて見てみる

距離を置いて見てみる

あまり距離が近いと、相手のことがはっきり見えません。出来れば少し距離を置いてみましょう。相手との距離を置くことで、心の余裕が出来ます。この心の余裕はとても大切なもの。

心の余裕を持つからこそ、恋愛もうまくいきやすいのです。でもとにかく相手と近づきたい思いが強いと、どんどん近くなりたいと思ってしまうでしょう。でもここで焦らないようにした方がいいのです。

少し距離を置いて相手を見た方が、相手のことが分かりやすいでしょう。相手から見てもこちらのことが分かりやすいはずです。距離を置きながらのやりとりも、時には必要なものでしょう。

出来るだけ早く距離を縮めたいと思うものですが、あまり早くそれをすると結果として分からないまま付き合ってしまったりするのです。もう少し相手をゆっくり見れば良かった…と後悔する場合もあるでしょう。

恋愛について考えてみる

恋愛について考えてみる

恋愛について考えてみる

付き合うまでに期間は、まだ自由ですから恋愛や恋人について考えてみるのも良いでしょう。これが出来る期間によく考えておくと、自分の未来に役立つ場合が多いのです。

恋愛真っ只中の自分の場合は、相手のことしか見えませんよね。早く告白をして恋人になりたい…と思う気持ちが強いかもしれません。

でもここで恋愛や恋人について一度よく考えてみれば、自分にとって本当に必要なものが見えてくるのです。これを知ることで、どのように恋愛を進めていけばいいのかも分かるでしょう。

自分の気持ちを明確にする

自分の気持ちを明確にする

自分の気持ちを明確にする

相手に対しての気持ちについて、よく考えてみましょう。もしかしたら相手のことがとてもよく見えている場合もあるのです。でもここで自分の気持ちを明確にしておかないと、これからの方向性が見えてきません。

ただ、この時に気を付けたいのはあまり焦らないこと。焦って恋愛がうまくいくパターンとそうではない場合があるのです。自分にとってはこのペースで恋愛をしたいと思っていても、よく考えてみると急ぎすぎていた…という場合も。

これをよく知るためには、自分の気持ちを明確にしてみましょう。一番分かるようで分からないのが自分の気持ち。これを分かるためには、客観的に自分の気持ちを知る必要があるでしょう。

まとめ

付き合うまでの期間は、楽しいこともありますが不安な思いもありますよね。出来るだけ早く安心したくて、告白を急ぐ男性もいるでしょう。

でも付き合うまでの期間は、冷静に相手を見る時間もあるのです。それが分かっていれば相手に対しての接し方も分かりやすいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする