恋が叶う方法はあるの?知っておきたい恋愛成就のコツ

恋が叶う方法はあるの?知っておきたい恋愛成就のコツ

恋が叶う方法はあるの?知っておきたい恋愛成就のコツ

恋が叶う方法があれば知りたいと思ったり、こんなに苦労は無いのにと考えたりしますよね。では実際には恋が叶う方法はあるのでしょうか。恋愛成就のコツとともにお伝えしていきましょう。

マイナス思考をしない

マイナス思考をしない

マイナス思考をしない

恋をすると一喜一憂してしまうことが多いもの。でもできるだけマイナス思考にならないように心がけましょう。

好きな人に対して、なぜあの時冷たかったのかな…と悩んだとしても、きっと忙しかったんだろうと思うようにすれば、とても楽ですよね。自分のことを嫌いだからかな…と思うと、とても辛くなってしまいます。

本当はそうではなくても、悪い方にどんどん考えてしまうでしょう。出来るだけプラス思考で行こう!と思うようにすれば、恋愛も良い方向に向かう場合が多いのです。これは恋愛だけに言える内容ではないですが、マイナス思考をしやすいと自分で思う場合は、違う角度からも見ることができるように、意識してみると良いでしょう。

無理をしすぎない

無理をしすぎない

無理をしすぎない

自分らしさを大切にするのはいいのですが、見栄を張ったり良く見られたくて無理をしたりすると、相手に伝わってしまう可能性も。

等身大の自分を大切にするようにしましょう。無理をして、それが成長につながる場合もありますが、その逆もあるのです。自分ではそんなつもりは無くても、恋愛でとても無理をして疲れ切ってしまうパターンも。

そして、もう恋愛なんてしたくないと思う人もいます。こうならないようにあまり無理をしないで、恋愛に向き合うようにしていきましょう。

自分を過小評価しない

自分を過小評価しない

自分を過小評価しない

自分はどうせモテないし、とりえもない…と思うと、どんどん自分を過小評価することに。自分を一番認めてあげられるのは、本当は自分自身なのです。それに気が付かずに、過小評価を続けると、頑張ろうとする自分が辛くなってしまうでしょう。

心の中で頑張ろうとする自分を感じたのなら、その頑張りを褒めてあげるようにしましょう。自分にしか出来ないことがあると信じて、自分の気持ちを大切にしていけば、ゆっくりでも自分の評価を上げていけるのです。

自分の評価が上がると、好きな人にも話しかけやすくなるでしょう。そして恋愛成就もしやすくなるのです。

過去の恋愛に捉われない

過去の恋愛に捉われない

過去の恋愛に捉われない

過去に辛い恋愛経験をした人は、また辛い目に遭うのでは…と臆病になりがちです。でも世の中にはたくさんの人がいて考え方も違うのです。同じように傷つくとは限りません。

それよりも、傷ついたことで人に優しくなれた人はとても多いので、自分もそういう人を目指したいですね。

時に過去の恋愛の辛さがよぎっても、あれは過去のこと!と割り切るようにしましょう。過去の恋愛にとらわれ過ぎることが恋愛成就できない理由の場合も。せっかく次の恋愛はうまくいきそうなのに、過去の恋愛が邪魔をすることもあるでしょう。

でもこれは気持ちの持ち方で変わってきます。自分は魅力ある人間なんだと思うようにするのも大切。人にひどい目に遭わされると、人のせいに出来ずに自分のせいにしてしまう人もいます。

でも本当は自分のせいではない場合は多いので、新しい道を気持ちを切り替えて歩いてみましょう。

焦らないようにする

焦らないようにする

焦らないようにする

早く変わらないと!と思ったり、告白をしないと…と焦ったりするのは逆効果です。自分にとっての、自分らしいペースを大切にするようにしましょう。

焦ると、それが相手に伝わり相手が戸惑ってしまうこともあるのです。相手が穏やかに過ごせるためにも、こちらが焦らないようにするのが大切に。せっかちなタイプの人はつい焦りがちですが、焦らなくても良い場面もたくさんあると理解するようにしたいですね。

焦っていた自分を、あの時なぜあんなに焦ってしまったのかなと後から分析をするようにすれば、今後はあまり焦らなくなっていけるでしょう。

まとめ

恋が叶う方法は、自分を信じることが大切です。でも自分を信じるのは難しいものだと感じる人は多いですよね。そのために自分の出来ることを努力したり、考え方について客観視したりしてみましょう。

何かが起きても全て関連性がある…と深く考え過ぎずに、起きたことに対して1つ1つ解決していくようにしましょう。この心の余裕が持てると日々がかなり変わってきます。

好きな人が困っている時にも、穏やかで優しい対応が出来るようになりますので、自分を信じるためにも、時には恋愛をゆっくりと楽しんだり切ない時間を満喫したりしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする