男性必見!○○フェチって言いにくい…そう思っていませんか?うまく使えばモテる可能性大です!

○○フェチではあるけれど、これを言うと女性に引かれそう…と不安に思って、隠している男性は多いのではないでしょうか。でも伝えるタイミングや相手次第で、モテることが出来る可能性は高いのです。どういう時に、どんなふうに伝えると良いのでしょうか。

フェチということを隠しておいた方が良い場合

男性は、まずは女性のどこを見る?という話を聞いたことがありますよね。その時に、顔の次に胸、脚と答える人が多いことは、現実としてあるようです。それを聞いて女性は「男性ってやっぱりそういうことばかり考えてるのね…」と呆れるようなこともあるでしょう。

でもこれは男性の本能的なものなので、やむを得ないことでもあります。そういった中で「僕は胸フェチなんだ」とか「お尻フェチです」と女性に話すと、引かれる可能性はかなり高いでしょう。今まで紳士的な人だと思っていたのに…と残念に思われてしまうこともあるのです。

どういう時に伝えるべき?

フェチであることを伝えるのなら、話が盛り上がってきた時がベストです。今なら伝えても良いかもと思うタイミングが必ずあります。話が盛り上がってきた時には、女性は「この男性のことをもっと知りたい!」と思っている可能性が高いからです。

そういう時なら○○フェチということを伝えても、女性から引かれる確率は低いでしょう。まさに、今伝えることがベストという時もあるのです。でもここで重要なのは、あなたが何フェチなのかということでしょう。

それが女性の許容範囲の話なのか、それともそうではないのかが重要なポイントになってきます。

女性に○○フェチと伝えるのなら

例えば女性に対して突然「足首綺麗だね」と言って、「僕は足首フェチなんだ」と言っても、下手をすれば、気持ち悪い…と思われてしまいます。でも言い方を変えればこれもうまくいくのです。

先に「男性と初対面の時って、どこを最初に見る?」と女性に質問をします。女性は「顔」とか「肩幅」など自分の好みを言うでしょう。そして同じ質問を返されることになるはずです。

この時女性は「まさかこの男性、変なことを言わないよね…」と不安を感じながらも、あなたを試しています。

そういう時に「僕の場合は」と言いながら「ちょっと引かれちゃったら嫌だけど」と前置きをしておきましょう。そして「女性の足首って綺麗だなーと思うんだよね」と言いましょう。

「そういう意味ではこれって足首フェチというのかなぁ」とさりげなく言うようにすれば、「そうなんだー」と女性は普通に聞いてくれる可能性が高いのです。女性は思っていたよりも、まともな回答だったのでホッとすることになるでしょう。

こういうフェチなら伝えやすい

「○○ちゃんの声、すごく好きだなぁ」と会話が盛り上がってきた時に言うと、女性は喜んでくれる場合が多いです。声を褒められて嫌がる女性はほとんどいません。そして「そういう意味ではちょっと、僕は声フェチなのかな?」と笑顔で言えば「この人かわいい!」と女性からモテやすくなります。

手フェチの場合でも「○○ちゃんの手ってすごく綺麗だね」とちらっと見て言うようにしましょう。ここであまりじーっと見るのは失礼です。そして「そう?ありがとう」と女性が笑顔で答えたのなら、「手の綺麗な人って女性らしくていいよね。これってもしかして手フェチって言うのかなぁ」と言えば「そうかもねー」と言いながらも女性は良い気分でいてくれます。

こういうフェチならかなり伝えやすくて、しかも良いネタになります。女性を褒めることにも使えるのです。

○○フェチな自分って変なのかな?と普段思っていませんか?でもそれをうまく恋愛に取り入れることも出来るのです。タイミングや相手の様子を見ながら伝えていくようにしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする