20代最後に出会ったA子と良い関係を築いています!

20代も最後という今、盆休みに実家に帰ったら「まだ結婚しないの?孫の顔が早く見たい」という会話で持ちきりになってしまっていました。両親にも言われ、結婚している姉夫婦にも言われ、彼氏がどうのこうのと話した後に私に話しを振る妹・・・・・・。親戚一同もぽつぽつと集まり始めると、人の話などはよそに、“いい年して結婚していない”私の話になってたんです。

そんな話をたまたま休みがあった友人らと久しぶりに呑みながら話していたら、どいつもこいつも「彼女」を作り始めていてとにかく腹が立って。

それで、詳しく話しを聞いてみると、「ネット」で知り合うのがイマドキらしく、ツイッターやらフェイスブックやらで意気投合した女の子とLINEを交換、そこで始めて会って一歩前進、付き合う、という流れになるらしい。私にはそんな発想はなかった。

私はあまりツイッターやらフェイスブックやらがよくわからないので、もっと簡単な手段はないのか?と。そう尋ねると声を揃えて「もう出会い系とかで出会えばいいじゃん」と適当なことを言われてしまったので、ネットで検索して信頼性がありそうなおすすめの出会い系にその場でパパッと、友人に勧められるままに登録しました。

早速、かわいい子はいないか、趣味やスポーツ・・・・・・などなど、惹かれるようなプロフィールを書いている女の子を友人らと探し、何人かに連絡をした。その後は人任せな程に「進展あったら報告!」と言って解散の流れになりました。

それから何日かの間にメッセージを送った女の子とサイト上でやり取りをし、2人の女の子とLINEの交換まで行き着いて。そこから、年が3つ下の1人の女の子(A子とする)と最近までLINEのやり取りだけだったのが、A子が「仕事がつらい」という内容の連絡が来て、初めてLINE通話をしたんです。ある意味、一歩前進。

声がかわいらしいA子は涙声でひたすら愚痴などをこぼしつつ、色々なことを話してくれて。そのうちに、「隣にいたら、なぐさめてあげられるのになあ」という感情が浮かんで、咄嗟に「今から会わない?」と私は話を切り出したんです。

A子はためらいつつも返事をしてくれて、お互いの家からちょうど中間地点くらいである吉祥寺駅に集合し、ちょっとしたイタリアンバーみたいなところで呑みながら話を聞く、という流れで。正直、女の子と外で会うなんてことは、高校生とか、そのくらい振りだったので本当に緊張した。下心とか、そういうのもなかったわけではないけれど、とにかく慰められたらいいなあ、そばにいられたらいいなあ、という一心だった。出会い系云々の前に、友人として結構大きな存在になっていたのだと思います。

9時頃に吉祥寺駅前のバス停近くで待っていたら、OLさんっぽい服装で、背が小さめの女の子がきょろきょろしているので、電話をかけたらA子でした。そこからは駅近くのイタリアンバーで呑みながら愚痴を聞いた。だけど、愚痴以上に会った事にお互い少し興奮していて、LINEなどで話すよりも何倍も楽しいね、という会話になったり。

この日は結局お互い職場のあるあるネタとか、趣味とか、テレビの話題で楽しく会話して、吉祥寺駅でそのまま解散しました。

あとからLINEですかさずありがとうメッセージをくれるA子。そこから、仕事帰りに会ってみたり、おたがいハマってるポケモンGOで公園までポケモンを取りに行ったりしてました。

まだ付き合うまで発展はしてないけれど、お互い結婚適齢期だよね~とか話してるので、あとは告白のタイミング次第なのかな?と思っています。

でも、正直今の関係もすごく楽しくて、ともだち以上恋人未満のようなもどかしい関係も学生振りだったので、とにかくドキドキ!女の子にきゅんきゅんしたのも、なんとかしてあげたい!と思ったのも久しぶり。

それだけでもいい収穫だと思ってるので、ある意味適当に出会い系を勧めてくれた友人に感謝しています。昔は「出会い系で知り合う」ということにものすごく抵抗があったけれど、今はツールとして結構当たり前になってきているのかもしれませんね。

とにかく、A子との今の関係を大事にしていきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする