女の本音は分かりにくい…と男性が思う瞬間はいつ?

女の本音は、分かりにくいと思う男性は多いようです。ではどのような瞬間に「分かりにくいなぁ」と思うのでしょうか。その瞬間がいつなのか考えていきましょう。

 プレゼントを贈った時

プレゼントを贈ったら、「ありがとう」と言うけれど、なんだか微妙な反応…という時がありますよね。男性としては、本当は嬉しくないのかな?と思ったり、他に欲しいものがあったのかも…と落ち込んだりすることも。

女性としては嬉しい思いもあるのですが、例えば「高価なものなのに悪いな…」と思っていたり、「同じものを持っているんだけど…」と考えていたりするのかもしれません。こういう時には、女の本音を出さないものなのです。

ひとまずありがとうだけ言っておいて、後はなんとか自分でしようと思っているのでしょう。でも男性としては、もっと笑顔で喜んでほしかったな…と思うはず。この時の女性はそこまで気が回らない場合もあるのです。

 告白をした時

「付き合ってください!」と勇気を出して告白をしたけれど、その後ずっと無言のまま…という女性もいます。こういう時に男性は、今何を考えているんだろう…と悩むでしょう。

そして、出来れば返事が早く欲しいんだけど…と思うのですが、急かすわけにはいかないので、困ってしまうのです。

女性としては、いきなりの告白で何も頭に浮かばない場合も。もしくは嬉しすぎて表情に出せないけれど、かなり感動している可能性もあるのです。でも無言のままでいられると、この後に「ごめんなさい」と言われそうで男性は、ハラハラしますよね。「ありがとう。でもね…」と言われても、その続きを男性はとても気にするはず。

気にさせるのが分かっていてこういう態度をする、小悪魔女子もいます。でも男性としては純粋に返事を待っている場合もありますので、あまり女性に振り回されると嫌な気持ちになってしまうかもしれません。

 旅行に行こう!と言った時

初めての旅行に誘った時の彼女の反応が分かりにくい場合もあります。「うん!」と言ってくれると思っていたのに…と男性としては残念な気持ちに。でも女性がなかなか返事をしないので、どうしたんだろう?と思ってしまうのです。

勇気を出して旅行に誘った自分がバカみたいだな…と落ち込む男性もいるでしょう。無理なら無理とはっきり言ってほしいような、でもはっきり言われたら辛いような複雑な男性心理もあるのです。

でもここで女性が、「うーん…もう少ししてから」というように言えば、付き合って間もないからもう少し後に…と男性としても理科が出来るでしょう。でももう少しっていつなんだろう…とまた男性は悩むのです。

ここで「もう少しっていつ?」と聞きたいけれど、聞いて嫌われたくないからやめておこう…と男性は思うでしょう。「うん。わかった!」とわざと明るく振る合う場合も多いのではないでしょうか。

 キスしていい?と聞いた時

あえてこれを聞いてみたけれど、女性が何も言わないので男性は言わずにすれば良かった…と思う時も。聞いた方がムードが出るかなと思ったり、相手の心の準備が出来るかなと思ったりしたので、キスしていい?と聞いたのに…と男性は後悔するのです。

実際に女の本音としては、こんなこと聞かれても「はい」とか言えないし…と思っているかもしれません。何も聞かずにしてくれたらいいのに…という本音の場合も。もしくは聞かれたからこそ、逃げたくなってしまい帰るチャンスを探している可能性もあります。

女性にキスをする時は、聞かないでした方がいい場合もあるでしょう。

 好きな人はいるの?と聞いた時

好きな人がいるのか気になるから聞いたけれど、「うーん」と言ってちゃんと返事をしない女性もいます。そうなると男性の頭には様々な想像が膨らんでくるでしょう。

いないのかな、それともいるのかな…と思ったり、はっきりしたらいいのに…ともどかしく感じたりするかもしれません。女性がじらしている可能性もあるのですが、男性としてはちゃんと言ってくれた方がすっきりしていいと思うでしょう。

でも脈無しの男性に対してなら、「うんいるよ」とすぐに言うはずです。でも脈ありの男性の前だから、じらしているのでしょう。ここで女の本音は分かりにくいなぁ…と男性は思うのです。また今夜も悩まなければいけないのか?と思うと辛いですよね。

 まとめ

女の本音を探ろうとすればするほど疲れてしまう場合も。女の本音を無理に探らずに、野放しの状態にしてみた方が楽かもしれません。そうすると女性の方から寄ってきたりするのです。

女性は猫っぽいところがありますので、男性が寄っていくと逃げますが、こちらが構わないと構ってほしくて寄ってくるのです。こういう女性が多いと思って行動をいてみれば、これから先に、女の本音であまり悩まずに済むでしょう。

女の方が立場が上と思わずに、同等だと思うようにすれば案外楽にやりとりが出来る場合もあるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする