付き合う前に誕生日が来た時には、相手とどう過ごすのがベスト?

付き合う前に誕生日が来た時には、相手とどう過ごすのがベスト?

付き合う前に誕生日が来た時には、相手とどう過ごすのがベスト?

付き合う前に誕生日が来ることもあります。相手の誕生日や自分の誕生日。本来ならお祝いをしたいですよね。でもどのようなお祝いの仕方をすれば良いのでしょうか。お互いの誕生日にどう過ごすのがベストなのかについて、一緒に考えていきましょう。

相手の誕生日が来た時

相手の誕生日が来た時

相手の誕生日が来た時

付き合う前に相手の誕生日が来た時には、事前にメッセージなどで欲しいものを聞いてみましょう。相手が欲しいものを言ってくれたのなら、誕生日当日に一緒に買いに行くのもいいですね。

「じゃあ一緒に買いに行こう!」と誘ってみると、誕生日は一緒にいてくれるんだ…と男性も嬉しい気持ちになるのです。でも欲しいものが特にないと言われた時には、どういうふうに過ごしたいかを聞いてみましょう。

静かに家でゆっくりしたいと言うようなら、お祝いを伝える方法を別に考えてみる必要があります。

相手の誕生日を覚えていることをアピール

相手の誕生日を覚えていることをアピール

相手の誕生日を覚えていることをアピール

数日前には「もうすぐ誕生日だね!」とメッセージをしたり通話で伝えたりしましょう。以前誕生日を聞いていて、ちゃんと覚えているアピールをするといいですね。

相手としては、覚えていてくれたんだと嬉しい気持ちになるでしょう。アピールをしておいて当日にもメッセージを入れるようすると更に相手としては嬉しいもの。もし当日用事でa会えなくても、誰よりも早くお祝いのメッセージを送るようにしましょう。日付が変わってすぐにメッセージを入れると、一番にお祝いを言ってくれた人と思い、相手の中で特別な存在になれます。

夕方頃に忘れていたフリをしてメッセージを入れるのも駆け引きとしてありますが、まだ付き合っていないので、ここは慎重に。早目にメッセージを入れて、相手を安心させた方が良いでしょう。

お祝いをしたい!と思ったら

お祝いをしたい!と思ったら

お祝いをしたい!と思ったら

とにかく二人でお祝いをしたいと思ったら、あまり大げさなものではなくてカフェデートをする程度にしておきましょう。サプライズでお店でバースデーケーキを事前にオーダーする方法もありますが、男性はあまり喜ばないかもしれません。

照れてしまって落ち着かない可能性があります。それよりも何気なくケーキを2つオーダーして、二人で一緒に食べる方が良いでしょう。相手の好きなケーキの種類があるのなら、それが置いてあるお店を選びたいですね。

甘いものが苦手な男性なら、ビターなケーキのあるお店をリサーチしておくのも良いでしょう。ケーキにこだわらない男性は多いですが、こちらがケーキを一緒に食べてお祝いをしたかったと伝えれば、感動してくれるかもしれません。

自分の誕生日の場合

自分の誕生日の場合

自分の誕生日の場合

付き合う前に自分の誕生日が来ることも。こういう時にあまりアピールをすると、何かを欲しがっているようで男性から引かれてしまいます。

でも誕生日であることを知ってほしい場合や、以前言ったけれど覚えているか確かめたい場合には、「後〇日で〇歳です」のようにメッセージをしましょう。これで相手が誕生日をはっきり思い出すでしょう。

「そうだね!」と返事が来る場合もあれば「そうなんだ」と言われることも。もし覚えていなかったとしても、責めないようにしましょう。男性は女性よりも記念日を大切にしない場合が多いのです。

自分にとっては、好きな人と一緒に過ごしたい大切な日でも、相手にはそうでもないことも。それを最初から理解しておいて相手とのやりとりをした方が、ショックが少ないでしょう。

行きたいお店を言ってみる

行きたいお店を言ってみる

行きたいお店を言ってみる

当日が無理でも前日の夜でも良いので、行きたいお店に相手を誘ってみましょう。相手が誘ってくれるといいのですが、まだ付き合っていないから誘いにくい…と思っている場合も。

こういう時には、女性から積極的に誘う方が良いのです。つまりは男性を受け身にさせるのも、ひとつの方法に。受け身になった方が楽と思う男性が増えていますので、「〇日に、一緒に行ってほしいお店があるんだけどダメ?」とメッセージで聞いてみましょう。

男性としては高いものを買わされたり、高いお店で御馳走させられたりするのかな…と身構える場合も。そうではないことを上手く伝える必要があります。

「安くて美味しいお店って聞いていたから、前から行ってみたくて」と言えば、男性はホッとするでしょう。誕生日と聞いたら御馳走しようとしてくれる可能性も高いです。

でも御馳走してくれるのを当然と思わずに、自分も支払う気持ちがあることを伝えたり、次のお店では女性が支払ったりすると良いですね。

まとめ

付き合う前の誕生日の過ごし方は、色々と悩むもの。相手にとってはどうでもいいと思っている場合もあります。でもこちらにとってこの日は一緒にいたい特別な日。そう思うのなら自分から行動をしてみましょう。

相手の行動を待っていては、いつのまにかその日が終ってしまいます。少し前からやりとりをして、計画を一緒に立てることで相手も誕生日が楽しみになってくるはず。相手にそういう気持ちにさせる方法を考えて、付き合う前の誕生日を付き合った記念日と同じ日に出来るかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする