アラフォー独身男が思っているホンネと建前との違いとは

アラフォー独身男は、ホンネと建前をうまく使い分けられる場合もあれば、うまくはないけれど、ホンネと建前を持っている場合が多いのです。アラフォー独身男のホンネと建前について、詳しく見ていきましょう。

恋愛について

アラフォー独身男は恋愛に対して、恋愛慣れしているように見せたい思いがあります。アラフォーまで独身なのですから、恋愛経験は豊富と思わせたいのでしょう。でも建前でそのようにして見せても、女性から見ると女性慣れしていないなぁと女性にバレるパターンも。

女性に対してどうふるまえば、女性慣れしているように見えるのか日ごろから考えているのです。女性慣れしていないと思われたくないというホンネがあっても、なかなか思うようにはいかないもの。

彼女いない歴が長い場合には、尚更それを女性に知られたくない思いがあるでしょう。でも女性に対しての接し方がなんとなくぎこちないので、女性にバレやすいのです。

結婚について

そろそろ結婚した方がいいかなと思うホンネはあっても、建前では「独身が気楽でいい」と言ってみたり「誰かに縛られるのは好きじゃない」と言ってみたりするのです。

こう言えばかっこいいと思い込んでいる男性もいるでしょう。でも本当はこのままではマズイかもしれない…と多少の焦りを感じている場合も。そのため合コンなどには参加をする男性もいるでしょう。

これはパーっと騒ぎたいと言っておきながら、結婚相手の候補に出会えたらいいなという思いがあるのです。でもそれを表面には出さずに、合コンを楽しむアラフォー独身男は多いでしょう。

ガツガツしているように見えるとかっこ悪いので、堂々と大人の男としてふるまうような場合も多いはず。

仕事に対して

アラフォー独身男が多い職場なら、リラックスして仕事が出来ますよね。でも年下男性がほとんど既婚の場合には、なんとなく自分だけが劣っているように感じるもの。でもそう思わせたくないと思っているので、「仕事に夢中になっているうちにアラフォーだよ」と笑顔で言うことも。

そして結婚している周りの男性に対してうらやましいと思っていても「家庭持つのって大変そうだなぁ」と言うアラフォー独身男も。「家庭っていいものですよ」と言われると、返す言葉が出てこないアラフォー独身男もいるでしょう。

親に対して

アラフォー独身男が見て、親が心配する場合も。でもこういう時に親を心配させたくないあまり、嘘をついてしまうアラフォー独身男もいるのです。例えば「彼女が出来たんだ」と言ってみたり、「婚活始めたから」と言うような場合も。

それなら安心と親が思ってホッとする表情を見て、罪悪感を覚えながらも少し安心するアラフォー独身男もいるのです。ここで親の心配に対して「俺の人生なんだから放っておいてくれよ」と言う男性もいるでしょう。

でも、これにより親をかなり傷つけるのをアラフォー独身男としては理解しているのです。そのため、こういう言葉は言わずに親を安心させる方法を見つけてから、親と会うようにする場合も。

友達に対して

独身の友達には堂々と楽しく遊べる気持ちがあるでしょう。でも既婚の友達には会いにくい思いもあるもの。特に同窓会などに行くと既婚者がほとんどですよね。そうなると居心地が悪そうなので、同窓生の顔は見たいけれど同窓会に行かないでおこうと思うアラフォー独身男も。

幸せそうな既婚の男友達に会うと現実を受け止めなければいけないので、避けたい思いが強いのです。

まとめ

アラフォー独身男だから…と自分で思うと、ホンネと建前をうまく使い分けるようにしようと思う気持ちも。でもこれにより不自然になる場合もありますので、ホンネと建前はうまく使い分けられるように、工夫をしていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする