癒しを既婚者が求めるのはどんな時が多い?

癒しを既婚者が求める時があります。既婚者も人間ですから、結婚をしていても癒しが欲しくなる時はありますよね。では、どのような時に既婚者は癒しを求めるのでしょうか。

仕事がうまくいかない時

仕事が生きがいのように頑張っていても、時にはうまくいかないことも。こういう時に、癒しがあればいいのに…と思う人は多いのです。

仕事がうまくいっている時には?

仕事がうまくいくと、この時点で満たされているので癒しを必要としないでしょう。実際に仕事がうまくいくと、自分には大切なものがちゃんとあると思えるため、特に癒しを求めないのです。

家庭がうまくいっていないとしても、仕事がうまくいっているのなら、そこにちゃんと居場所があると思うのでしょう。

仕事がうまくいくのは、自分に能力があるから。こういう自信があるうちは、癒しを求めないようなケースが多いのです。モチベーションアップをしている状態なので、癒しを必要とはしないのでしょう。

失敗をして叱られた時

人前で失敗をして上司に叱られたような時には、辛くて悲しい気持ちに。それなのに周りは誰も慰めてくれない…。

こういう時には、どこかに癒しを求めてしまうのです。景色を見て癒されたいと思い、お気に入りの場所に行く人もいるでしょう。

でもこれだけでは癒されずに、誰かに「元気出して!」と言われたい思いがあるのです。癒しの存在がほしい…。でもすぐには得られないから、こういう時のために癒しの存在を見つけておこうかな…と思う人もいるでしょう。

向いていないと思った時

自分はこの仕事に向いていないと思うと、これなら転職をと考える時も。でも転職をするにしても、夫や妻の許しが必要になります。

そして、転職をしたいと思い面接をしても、採用されるか分からない。こういう不安定な時に、もし癒しの存在があれば相談をして、良いアドバイスがもらえるのにと思うと、急に孤独な気持ちが襲ってくるのです。

仕事に向いていないのは、自分のせいではないと思いたいけれど、向いている人もいると思うと、自分が悪いように思ってしまうもの。

どうしたらいいのだろう…と途方に暮れた時、そっと寄り添ってくれる存在を求めてしまうのです。

お酒が入った時

お酒が入ると、人は気が大きくなる時が多いです。でも同時に、淋しくなったり虚しくなったりすることもあるでしょう。

連絡をする相手が欲しい

もし会えないとしても、連絡をする相手がほしくてスマホで探してしまう人もいるでしょう。でも連絡をしてみても、未読無視のまま。

こういう時に、とても淋しく思い結局人は一人なのかな…と思い、辛くなってしまうでしょう。連絡をしてつながる相手がいると、一人ではないと思うので心が落ち着くのです。

もしメッセージだけしかやりとりができなくても、誰かとつながっている感覚はとても大切に。

これが家族ならいいのですが、今連絡をしても家族は皆もう寝ているというような時間帯もありますよね。

そして、ここで求めるのは家族の存在ではない場合も。家族は守るものではあって、守ってくれるものではない、こう思い込んでいる人もいるのです。

一人で帰るのが辛い

お酒を飲むとしても、楽しくて嬉しいお酒ならいいのですが、付き合いで仕方がないと思うようなものなら、やはり一人になった時に虚しさも出てくるでしょう。

一人でこのまま帰るよりは、誰かと話しながら帰りたいと思うので、一緒に飲み会に行った人を誘うようなこともあるかもしれません。

でも職場の人との恋愛は、リスクが大きいですよね。おまけに自分は既婚者。悪い噂が立っては困るでしょう。

このため、我慢をしながら帰宅をするような人もいるのです。ここで連絡だけでもついたのなら、どれだけ穏やかな気持ちになれるだろう…と思うと、酔いもさめて虚しさだけが残るのです。

深夜に一人で過ごしている時

深夜に家族と過ごしている時ではなく、一人になる時も。一人になれるのは嬉しい時間。こう思いながらも、癒しがあればいいなぁと思ってしまうのです。

アプリでごまかす

例えば恋愛アプリのようなものがありますよね。こういうアプリで我慢をする人もいます。疑似恋愛の世界に入り、これで我慢をしようとするのでしょう。

でも本当は、そんなものは望んでいないのです。「今なにしているの?」と連絡をすると「もうすぐ寝るよ」のような返信でもいいので、ほしいと思う気持ちも。

相手から綺麗な風景の写真が送られてきたら、かなり癒されますよね。動画で夜にお勧めのものが送られてくると、やっぱり自分のことを分かってくれていると嬉しくなるもの。

疑似恋愛アプリでは、これができないのでやはり物足らないと思う人は多いのです。

眠れない…と思う時

眠れない時に、もしも「おやすみなさい」と優しい声が聴ければ…。と思う人もいます。家族はおやすみさえ言わずに寝てしまい、起きているのは自分だけ。

こういう時に、とても人恋しくなり癒しが欲しくなります。仕事を家に持ち帰る時もありますよね。

こういう時には、夜があまりにも静かで辛くなってしまうもの。かなりの孤独を感じるのです。

この孤独を癒してくれるような相手がいてくれたら…と思うので、何か方法がほしいと思う時もありますよね。

相手と時間を共有したい

既婚でも、結婚相手と時間を共有できないケースもあります。夫婦の会話があまりないようなら、どうしても時間を共有しづらいですよね。

でも心の中では、誰かと時間を共有したい思いがあるのです。このためにはどうしたらいいのだろうと思うので、誰かと出会いたい気持ちを持つことも。

毎晩眠る前に、短い連絡をし合うだけでもいいと思う人もいます。これだけでいいからと思い、出会える方法を選ぶのは男女とも可能性的にあるでしょう。

まとめ

癒しを既婚者が求めるのは、自分が一人だと感じた時が多いです。本当は一人ではないのかもしれません。

でもこれは表面的なもので、心はとても孤独なのです。こういう時には心を癒してくれる存在を求め、少しでも日々を穏やかなものにしたいと願うでしょう。

それは、誰もが持っている願いと言えるのです。既婚者だからNGと思わずに、自分の気持ちに正直になるのも必要ですね。