既婚者が出会い系サイトで女医とあった体験談。女医さんは大変そうです。

既婚者の私はよく出会い系サイトでいろいろな女性との出会いを楽しんでいます。今回は少し前に出会い系サイトで出会った女医との変わった出会いについてご紹介します。

最初は出会い系サイトの業者だと思っていた

ネットの出会い系サイトPCMAXで、比較的よく見るのが女性のフリをした業者さんです。

ちなみに業者さんはある程度特徴があって、下の4つに当てはまるのであれば業者さんといえるでしょう。相手にしないほうがよいです。

  • すぐ会えるとメッセージを送ってくる
  • ただ、すぐに退会もしないといけないことを言い始める
  • 別のサイトに誘導しようとする。
  • 名前と写真もすぐ変わる

今回の女性は、業者のような書き込みに見える、かなり用心深さのある女性のプロフィールだとわかりました。連絡をすればしばらくの無視の後に必ず返信が来るような女性で、たまにつながっているだけの女性という印象でした。

他の女性のように、メッセージを交換して、お互い合って、バイバイするパターンとは違い、3ヶ月もメル友状態の彼女に「一度会えませんか」と伝えても、はぐらかされるばかりで仕事さえ教えてくれませんでした。

でも送られてくる内容はかなり性願望を解消したいという内容で、過激な文面が並んでいるのです。業者なのかとも疑った理由はこれもそのひとつです。

相手は女医だとわかった

そんな状態の中彼女から来る連絡は決まって曜日と時間がいつも同じなので、何かシステムの自動応答なのかと思い、少し強めでもう連絡は終わりにしますと伝えたところ、謝罪されました。

正直、自動システムだと思っていますと伝えると、夜勤の際に病院から連絡をしているとの事で、普段は疲れて連絡どころではないようで決まった時間なのだと伝えてきました。

私の住む地域で当直医のいる病院と言えば、数か所しかなくそれなりに昔から付き合いのある看護師の友人もいるので、これを聞けばどちらかの病院かわかる物があるんですが、それとなく返信時に聞いたところ勤務先が解かりました。そこで思い切ってどこの病院勤務か分かったと聞くと、それ以来返事が来なくなってしまったのです。

会話の中から勤務先の科はなんとなくわかっていましたので、その病院に勤める看護師に聞くと、その科には女医さんは一人しかいないとの事でした。突然の連絡無視に少し悲しみを覚えいていた私は、友人を通して連絡が欲しいと伝えてもらうとすぐに返信がありました。

ストーカーだのなんだの責められましたが、ここで事情を説明。看護師の友人であることを説明すると次の休日に隣の市のファミレスで合う事になりました。

女医は疲れていた

初めて直接会いましたが、第一印象は疲れた感じの普通の主婦の様な女性でした。

しばらく沈黙が続いたのちに、すっと出されたのは銀行の封筒で中には、一万円札が10枚入っていました。メールは全て消したのち口外しないでほしいと言われ、更には聞いていた年齢よりも15歳上との告白もうけました。

だんだんとゆっくりながら口を開く彼女は、付き合う男性もいない生活で、ネットでの出会いをやってみたが、上手くいかず、でも命のやり取りがある現場で、精神的にもストレスを抱え、男性にめちゃくちゃにされるような記載されていた過激な願望もあったとの告白も受けました。

結婚もされておらず、一人で忙しくいるうちに気が付けばいつも一人で、誰かに構って欲しくなったのだと言われ、私は無言でそのまま封筒は彼女に突き返しました。

こちらもメールの公表もしない旨を伝え、重苦しい雰囲気の中話を聞く事しかできませんでしたが、悩んだ末の彼女なりの口止め料と説明と受け取りました。

あまり思いつめない女性が良い

正直に自分さえ出せば素敵な男性と会える女性がいる一方で、彼女の様な考えすぎるあまりその後始末が難しくなるケースもネットでの出会いははらんでいる事も知った一件です。

今回は付き合うまでにはいきませんでしたが、疲れた彼女の顔を見るととても楽しく過ごせるとは思えませんでした。女性は元気であまり考え深くないほうが、一緒にいるこちらも楽しく過ごせるのではないかなと思いました。

数年後、彼女は違う病院へ転勤していきましたが、人と人の出会いはいつも楽しい物ばかりではないと改めて感じましたね。