付き合う前にする初デートで意識するべき5つのこと

初デートを付き合う前にする時には…このことを意識しよう!

初デートを付き合う前にする時には…このことを意識しよう!

初デートを付き合う前にする時、どのようなことを意識したらいいのでしょうか。付き合う前だからこそ、色々と悩むことは多いもの。これから先に良い関係になるためにも知っておきたい内容について、お伝えしていきましょう。

会話の内容について考えておく

会話の内容について考えておく

会話の内容について考えておく

事前に会話の内容について考えておくようにしましょう。初デートはどうしても緊張するもの。どのようなことを話せばいいのか分からなくなり、沈黙が続くのも辛いですよね。

そのため、事前に会話の内容についていくつか考えておくようにしましょう。会話の内容を覚えられない…という場合には、スマホのメモ帳にメモをしておくと便利です。実際に会話をしようとしても、相手のことが気に入っていて意識し過ぎていると、普段の自分通りではいられません。

当日になってみて、そのことに気が付く場合もあるのです。そうならないように、自分に会話の内容についていくつか候補を考えてから、デートに行くようにしましょう。

短い時間のデートにする

短い時間のデートにする

短い時間のデートにする

最初から長い時間のデートにすると、お互いに負担を感じてしまいます。出来れば短いデートにして、もう少し話したかったな…と思えるぐらいにしておきましょう。

この方が、次のデートにつなぎやすいのです。長い時間のデートになると、相手とのやりとりも長くなりどうしても疲れを感じやすいですよね。短い時間のデートにしておけば、疲れにくいので余裕をもったやりとりが出来るのです。

短い時間のデートにするためには、ランチだけにしてみたり、夕方に待ち合わせて軽いディナーをしたりするデートがお勧め。短いデートのつもりが、その時に長くなりそうならそれはそれで流れに任せてみてもいいですね。

相手に話をさせるようにする

相手に話をさせるようにする

相手に話をさせるようにする

こちらから話を積極的にしていくよりも、相手に話をさせるように持っていきましょう。そのためには、いくつかの質問をすると良いですね。質問に対して相手が答えている間に、この話題が好きそう…ということが分かってくるのです。

でも、矢継ぎ早に質問ばかりしていると相手から引かれてしまう可能性も。質問をするとしても、間をあけながらするようにしたいですね。質問に答える時に、人は色々なことを考えるものです。

そのうえで、答えを言うのであまり質問が続くと負担を感じてしまうでしょう。たまに質問をして、次はこちらの話をする…などのようなメリハリのある話し方をすれば、デート自体がとても楽しいものになるのです。

相手を理解するようにする

相手を理解するようにする

相手を理解するようにする

相手を理解することは、相手にとっても嬉しいことです。理解しようとしてくれているんだ…と思うと、嬉しく思う人は多いでしょう。でも相手を理解しようとするのは、自分のためでもあるのです。

自分のためにも、自分と合う相手かを見るために相手を知るようにしましょう。自分を相手に知ってもらうよりも、自分が相手を知ることを優先させる必要があります。相手を理解すればするほど、これからもやりとりをしたいかが分かってくるでしょう。

今の段階では相手のことが分からない…と思うと、次のデートにつなげにくいのです。でも相手のことが少しずつ分かってくると、これからもやりとりをしたいと思えるはず。

次のデートについて考える

次のデートについて考える

次のデートについて考える

初デートを付き合う前にする時には、次のデートをしたいと思うのかもしくはこのデートで、これからもうやりとりを終えるのか…。それを考える必要があります。

でもこの場で答えを出さなくても、グレーな状態で一度は帰宅をしてもいいでしょう。でも相手から次のデートについての話があったり、付き合うというような話をされたりした時に、どう答えるのかは考える必要があります。

自分と相手との温度差が激しい場合も十分にあり得ますので、出来ればどのくらいここに温度差があるのかを理解しておく必要があるでしょう。あまり温度差がある場合には、初デートの段階で相手とよく話し合うのも大切に。

まとめ

初デートを付き合う前にする時には、自分がどうしたいのかよりも相手がどうしたいのかを優先させるようにしたいですね。

でも自分の希望や考えについても、しっかり持っておくようにしましょう。それを押し付けてしまうと相手にとっては辛いですから、押し付けないように相手の様子を見ながら、これからのやりとりについて考えていくのがベストです。

思っていたような進展画無くても諦めずに、じっくりとやりとりをしていくうちに相手の気持ちが良い方向に変わる場合もあるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする