上司を好きになった。既婚者の男性に対する今後とるべき行動とは

上司を好きになったけれど相手が既婚者の男性の場合は、色々と悩みますよね。これからどのようにして、やりとりをしていけばいいのか…。今後の行動の仕方について一緒に考えていきましょう。

仕事で認めてもらえるようになる

仕事で上司から認めてもらえるように努力をするのは、自分のためにもとても大切。仕事を頑張るにはどうしたらいいのでしょうか。

スキルアップを目指す

仕事をしている間だけではなくて、仕事帰りにスクールに寄ったりお休みの日にセミナーに行ったり。

スキルアップの方法はたくさんあります。自分自身がスキルアップできてくると、今よりも上司に迷惑をかけることも減るので、上司としても仕事がしやすいですよね。

上司から相談してくれるような機会もあるかもしれません。現在の仕事において、どうすれば経験値を積んでスキルアップができるかをじっくり考えてみましょう。

そのうえで、自分の現在の仕事に支障があまりない程度に、自分自身の能力をつけていきたいですね。

時には上司に頼る

時には上司に対して頼る姿勢も見せましょう。すべて任せるように甘えてしまうと、上司としては負担を感じるでしょう。

負担にならない程度に上司に頼るようにしてみると、上司としては自分の存在意味を感じて嬉しいもの。

そして、もし頼らせてもらった時にはしっかりとお礼を言いましょう。上司なのだから当然のような態度でいると、相手は不快な思いをするもの。丁寧な対応を心掛けるのが必要なのです。

仕事の話を対等にできるようになる

職場にて仕事の話を対等にできるようになるには、職場だけではなく視野を広く持つのが大切です。

様々な情報を得ると、実際に役立つ場面もあるでしょう。ミーティングの時などにリサーチした情報を伝えて、意見や考えを述べられるようになると上司と対等な関係になりやすいのです。

この時には、男性と女性というよりも人間同士としてのやりとりを重視しましょう。女性を武器にするのではなくて、人としての魅力を感じてもらうのが大切なのです。

上司の家庭環境について

上司の家庭環境を聞く機会があれば、さりげなく聞いておくのもいいですね。それにより自分の入る隙があるかどうかも見えるのです。

二人きりになった時に

「〇〇さんの奥さんって優しい女性ですか?」のようにして穏やかに聞いてみましょう。本当に優しくて素晴らしい妻なら、上司は「うんそうだね」と言うでしょう。

でもこう言った後の上司の表情をしっかり見るようにすると、少し陰りがあることも。もし陰りを感じるのなら、ただ理想の話をしているだけなのです。

本当は優しくされていないので、寂しい思いをしている可能性が高いでしょう。奥さんの話をこの後も楽しく話してくるのなら、奥さんへの愛情が強いのかもしれません。

飲み会の席で

飲み会の席で、近くに上司がいた時には「〇〇さんは、家庭ではどんな旦那様なんですか?」のように聞いてみましょう。

周りにあまり人が多いと、本音が言えない場合が多いので、できるだけ少人数の時に聞くほうがいいですね。

この時に「勝手ばかりして怒られているよ」と言う男性もいれば「いい夫だと言われるよ」のように言うかもしれません。

もしここで自分を悪く言うとしたら、慰めてほしい思いがあるのです。「〇〇さんは、こんなに優しくて素敵なのに!」と言うようにしてみましょう。

もし妻から愛されているような話をした時には、それを鵜呑みにしない方がいいのです。見栄をはりたい思いもありますよね。

でも二人で飲み会の帰りに歩いている時に、もう一度この話をした時には「実はそんなことはないんだ…」と本音を言う男性は多いでしょう。

本当の自分を理解してほしいと思う男性はとても多いので、理解してくれる女性を求めているのです。

自分がどういう関係を望むかを考える

これから先に上司とどういう関係になりたいのかを、この機会に考えてみましょう。それによってとる行動がかなり違ってくるのです。

上司と部下の関係のままでいたい

ややこしいことになりたくないし、仕事もちゃんとしていきたいので、このままの上司と部下の関係でいようと思う気持ちも。

これもひとつの選択なのです。上司をサポートしていくことにより、上司にとって必要な存在になれるのも素敵ですよね。

自分にとって気になる存在ではあるけれど、仕事での関係を優先したいと思うのなら他の出会いを探したほうがいいケースもあるのです。

デートをしてみたい

ひとまず二人でデートをしたいと思う場合あるでしょう。デートをしてみないことには、相手との相性についてもわかりません。

でもデートと聞くと相手が構える可能性があるため、できれば「カフェでも行きませんか」のように誘ってみましょう。

カフェに行く程度なら、あまり構えずに来てくれるはずです。仕事の帰りにタイミングを見て誘うと、案外簡単にOKしてくれるかもしれません。

もしOKしてくれたら、カフェでゆっくり二人の時間を持ってみましょう。この時に居心地の良い空間だと思うのか、それともなんだか落ち着かずに疲れると思うのかがわかります。

これは、頭の中でどんなに想像をしても、実際に経験をしてみないとわからないもの。はっきりさせるためにも、一度誘ってみるといいですね。

告白がしたい

上司に告白がしたいと思うのなら、この気持ちは本物の場合が多いでしょう。でもまずはやりとりをするところから始めたいですね。

ただ、やりとりについては、自分が独身で問題なくても既婚者の男性が女性とやりとりをするのは難しいケースも。

でも家庭の状況によってはその限りではないでしょう。問題なくメッセージが送れたり通話したりできるかもしれません。

連絡先についてはLINEを普段からしている上司なら、仕事について悩んでいて相談にのってほしくて…と伝えて、LINEのアカウントを教えてもらいましょう。

まとめ

上司を好きだけど既婚者の場合には、かなり複雑な思いがありますよね。仕事を失うようなことにならないためにも、慎重に行動をする必要があります。

もっと気楽にやりとりができる男性と出会ってみるのも、ひとつの方法。既婚者との恋愛では得るものもあれば、失うものあることを覚悟しておく必要もあるでしょう。