逆玉の輿婚に対する女性の考えはどうなの?その5つの考え

逆玉の輿婚と言うと、女性がかなりお嬢様のイメージがありますが、ただ女性の方が男性よりも収入が高いだけでも、そのように呼ぶことが多いのです。いわゆる格差婚というように言われることもあるでしょう。

この逆玉の輿婚に対して女性はどういう思いを持つのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

出来れば男性の収入が高い方が良い

女性としては、自分の収入よりも男性の収入が高い方を望む場合が多いのです。そこには様々な理由があるでしょう。結婚してから安定した生活を送りたいという思いもあるかもしれません。

そのため、自分よりも収入の低い男性と婚活で出会っても、あまり相手にしないようにすることもあるかもしれません。ただ少し収入が低いだけではなくて、かなり差があるようなこともあるのです。

かなり差があるようなことになると、どうしても引いてしまうような女性もいるでしょう。

モチベーションがアップする

自分が家計を支えて頑張ろう!と思うような女性も中にはいるのです。そのため男性の収入が自分よりも低くても、その方が頑張れると思う女性もいます。その方が自分の存在意味があり、自分自身のモチベーションもアップすると思うことがあるのです。

そのため、あえて自分の収入よりも低い男性を選ぶような女性もいるでしょう。本来は考えられないと思う女性もいるかもしれません。でも女性のタイプによっては、頼られたいという思いを持ったりするのです。

そしてこの人のためなら頑張れると尽くすようなタイプの女性も、逆玉の輿婚を選ぶことがあるでしょう。

性格重視か収入重視か

女性によっては結婚相手の性格を重視する場合もあれば、収入を重視することもあります。収入を重視するような女性の場合は、逆玉の輿婚はあり得ないと思うかもしれません。でも相手の性格を重視する女性の場合は、相手が思いやりがあり穏やかな性格なら、そちらの方が大切と思うこともあるのです。

自分にとって何が重要かにより、婚活の仕方も違ってくるでしょう。そして結婚相手の候補も変わることが多いのです。自分の中で何を重視しているのかを明確にすることで、婚活がしやすくなることもあるのではないでしょうか。

将来が楽しみ

今は収入が低くても、これがいつまでも続くわけではないと思うと、将来が楽しみと思う女性もいるでしょう。そしてそれならこういう男性と付き合ってみて、将来を一緒に見ていこうと思う気持ちもあるのです。

確かに今は収入が低い男性でも、ずっとそのままではないこともあります。転職をすることにより収入アップするようなこともあるでしょう。その男性がハングリー精神をもっていれば、自然に収入アップを狙う事も出来るのです。

そういうところをこれから先に、近くで見ていたいと思うので逆玉の輿婚をしてみようと思う女性もいるでしょう。

お互いを愛する気持ちが大切

相手がどんなにお金持ちでもお互いを思いやる心が無ければ結婚生活は成り立ちません。でも逆玉の輿婚でも、相手が思いやりのある人で自分もそれに対して返すようなことが出来れば、その関係は成り立つものなのです。

そう考えると一番大切なのは、お互いを愛する気持ちということになります。自分を愛する気持ちをしっかり持つことが出来れば、これから先も素敵な結婚生活を過ごしていくことが出来るでしょう。

愛情あってこその二人の関係というように思うことが出来れば、これからもどんどん良い方向に向かうことが出来そうですね。

まとめ

逆玉の輿婚という言葉を最近聞く人は多いのではないでしょうか。こういう男性はダメ!と最初から決めつけるのはとてももったいないことです。もう少し相手のことを見た上で決めても良いのではないでしょうか。

相手にも良いところはたくさんあるはずですから、じっくり見ていくようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする