会話がうまくなる方法を知れば確実に女性にモテる!

会話がうまくなる方法ってないのかなぁと思う男性もいるでしょう。でも会話がうまくなる方法はあるのです。そして、そんなに難しいものではありませんので、試してみることをお勧めします。ではどのような方法がベストなのでしょうか。

相手のペースを大切にする

相手のペースを大切にする

相手のペースを大切にする

会話がうまくなる方法として必要なのは、相手のペースをよく見ることです。相手のペースを全然把握せずに、会話をし続けても相手は気分を害してしまうでしょう。そのため、出来るだけ相手のペースを大切にしましょう。

相手がどういう話題の時に楽しんでくれているのか、そしてこういう話題は好きではないのかなというようにして、相手の楽しめる話題を提供するように心がけましょう。よく見れば楽しんでくれているかどうかは、すぐに分かるもの。

相手が楽しんでいないのに、その話題を続けると更に相手はつまらない気持ちになるでしょう。こうなると会話上手とは言えませんので、相手をもっとよく見て話すことが大切です。

情報を得るようにする

情報を得るようにする

情報を得るようにする

会話下手になってしまうのは、会話のネタに困ってしまうから。会話のネタが無いのに、会話上手にはなりにくいですよね。でも情報収集をすることが出来れば、会話ネタを得られるのです。

普段から情報収集をしていないタイプの男性は、ネットニュースなどで情報を得るようにすれば、会話ネタを持つことになるでしょう。普段からスマホでゲームをするのも良いですが、その時間を少しネットニュースを見る時間に使うと良いですね。

テレビを観る時間があった時には、自分の好きな番組ばかり観ずに広く浅く観るようにすることがお勧めです。様々な番組を観ているうちに、多くのネタを得ることが出来るでしょう。

サッと読むだけだとしても、会話の話題として使うようならもう少し調べてからにした方が良いでしょう。ある程度理解をした状態で相手に伝えることが必要です。聞いている側としては、もっと深く知りたいと思う場合も。

こういう時に全然話せないような姿を見ると、なんだ全然知らないのねと思われてしまいますので、気を付けたいですね。

自慢話は避ける

自慢話は避ける

自慢話は避ける

自慢話ばかりすると、女性から見てウザいと思われる場合も。会話がうまくなるためには自慢話は控えめにすることが必要です。もしも自慢話をするとしても、相手から見て自慢話か微妙なラインで話した方が良いでしょう。

「上司から褒められた」という内容についても「自分なりにアイデアを出したら受け入れられたんだ」と言った方が素直で印象も良いのです。上司から褒められたということをはっきり言わなくても、それならきっと褒められたのねと女性は分かるでしょう。

自慢話は嫌味の無いようにするのがベストです。そうすれば性格の良い男性だと思われるはず。

好きなことについて熱く語る場合

好きなことについて熱く語る

好きなことについて熱く語る

自分の好きなことについて語る場合は、あまり熱くなりすぎないようにしましょう。好きなことについて語る時には、つい自分勝手になったり長くなりすぎたりする場合が多いのです。

こうなると、相手は聞いていて辛いもの。でもやめてほしいとは言えませんよね。そのため仕方なく話に付き合うことになるでしょう。でももう二度とこの人とは会いたくないと思われるかもしれません。

自分の得意ジャンルだから…と思い熱く語りすぎずに、相手に分かりやすい説明を心がけましょう。そして相手がそれを聞きたいようなら話すようにして、あまり興味が無いように感じたら「ごめんね。つい熱くなってしまって」と言うと、女性は誠実な男性だなと思ってくれるでしょう。

沈黙も活用する

沈黙も活用する

沈黙も活用する

会話がうまくなる方法として、沈黙をうまく活用するというものがあります。沈黙を恐れる人もいますが、沈黙になった時には、相手の目を優しく見つめるようにすると効果的です。

女性としては何か話さなくちゃと思うかもしれません。でも男性が穏やかで心の余裕のある態度で接していたら女性も安心感を持つのです。そして少し見つめ合う時間を持つのも良いですね。

二人でほほ笑み合うような時間も、これから仲良くしたい相手とは必要な時間。この時間があるおかげで、より心が近くなれる場合もあるでしょう。小休止という気持ちも込めて、時には沈黙をうまく活用しましょう。

会話が苦手だと思い込まない

自分で会話が苦手な人間だと思い込むと、更に話せなくなってきます。少し人見知りはするけれど、別に会話が苦手というほどじゃないと自分で思うようにすれば、自分自身がもっとリラックス出来るようになります。

何か苦手なものがあると思うと、自分に自信が持てなくなり話す時にも構えてしまいます。でも誰にでも得手不得手はあるものだと思い、自分は少し会話が好きではないけれど、これはこれで個性だと思うようにしましょう。

そうして自然体の自分で話すようにしていれば、自然に会話が苦手ではなくなるのです。会話が苦手だと思い込んでいるだけかもしれないと思うと、もっと楽に考えられるようになるでしょう。

人を好きになるようにする

その人の良いところを見つけるようにしたり、その人の個性を大切にすれば、自然に人を好きになることが出来るようになります。人を好きになると、自然に会話がしたくなってくることも。

そして、会話がもっと出来ればいいなと自分に思えてくるのです。自分がもっと相手とやりとりがしたい!と思うと、かなり自分自身が努力をするようになってきます。会話上手になれるハウツー本を読んだり、ネットでその方法を知ろうとすることもあるでしょう。

人を嫌いだったり、苦手だと思うと会話もどうしても苦手になりやすいのです。そして会話をするのが苦痛になってくることも。楽しい会話が出来なくなってしまいますので、人を好きになれるように、心を広く持つようにしてみましょう。

会話上手な友達と話してみる

会話が上手な友達と話す機会を増やしてみましょう。それにより、会話の仕方を学べる場合があるのです。会話上手な友達に会話の仕方のコツを聞くのも一つの方法でしょう。

でも直接会話をしていくにつれて、どんどん会話の仕方のコツを得られる場合もあるのです。自分がこう返せば相手はこう返してくる…と分かってくると、会話はこうやって成り立つんだと分かる場合もあるでしょう。

会話が上手な友達と話してみることにより、多くのことを学べますので、異性や同性で会話が上手だなと思う友達と話す機会を多く持ってみると良いですね。

鏡を観たり動画を録画してみる

会話が苦手になるのは、自分がどんなふうに話せているのか、その雰囲気が気になるからでもあるでしょう。会話をしている自分の姿を観るのはなかなかしないものです。

でも鏡を観ながら自分なりに話してみたり、自分でスマホで動画を撮ってみましょう。自己紹介でも良いですから、自分の話し方を観てみればなんとなく自分の雰囲気が分かってくるでしょう。

大きなビデオカメラがあれば、友達や知人にそれで撮影をしてもらうという方法もあります。そこまで大げさなことを…と思うかもしれませんが、このようにすることで、自分のことがどんどん観えてくるのです。

余裕があれば、自分が誰かと話しているところを録画してもらうと、より会話をしている自分を客観視できるでしょう。自分の姿を何らかの形で自分で観られるようにすれば、それが自信につながる場合もあるのです。

まとめ

会話下手だからどうせモテない…と思っていませんか。女性は自分の話ばかりしてくるような男性よりも、聞いてくれる姿勢のある男性の方が好きな場合も多いのです。モテないと思う気持ちがあると、自信がつかなくて更に会話がしにくいもの。

でも自分の良さもあることを理解してみましょう。自分らしさの中に魅力もありますので、その魅力を大切にするようにすれば、会話下手なこともあまり気にならなくなってきます。

気にならないと思うと、会話についてあまり意識をしなくなってくるのです。意識をしなくなるほど、会話が苦手ではなくなってきて、普段からもっとリラックスをして話せる自分になれるでしょう。

会話がうまくなる方法は他にもたくさんあります。でも理解したいのは多くの女性と話せば会話がうまくなるわけではなくて、一人の女性と様々な場面で話すようにした方が、会話がうまくなりやすいということ。

これを知っていれば、一人の女性とじっくり話して、会話がうまくなることが出来るでしょう。相手の反応によりどうすれば良いのかも、一人の女性とじっくり話すことで見えてくるのです。