復縁の期間を置くことによる5つのメリット

復縁に期間を置いた方が良いといわれていますが、それはなぜなのでしょうか。そのメリットについてお伝えしていきましょう。

冷静になれる

冷静になれる

冷静になれる

高揚した状態では、落ち着いて考える事が出来ないもの。でも冷静になることが出来れば、落ち着いて物事を考えられるでしょう。復縁までに期間を置いた方が良いのは、冷静になれるから。

冷静になることが出来ると、自分がどうしたいのかについても穏やかに考える事が出来ます。それはお互いに言えること。相手も一度冷静になった方が自分はどうすれば幸せになれるのかを、しっかり考えられるでしょう。

冷静になっている間に相手の思いが冷めてしまうのでは…と焦る人もいますが、そうなってしまうのなら、そこまでの愛情しかなかったと割り切れるのも復縁までに期間を置くことのメリットなのです。

二人の関係を客観視できる

二人の関係を客観視できる

二人の関係を客観視できる

自分の気持ちだけではなくて、二人のことについて客観視できるのも、復縁に期間を置くことのメリットです。最初から合わない二人だったのかもと思うような気持ちも出てくるでしょう。

こういう客観視する時間は、とても大切なもの。客観視して見れば、二人のこれからの関係についてもしっかりと考えることが出来るでしょう。主観的にしか物事が見られない間は、復縁もしにくくなるのです。

相手とのことを、客観視することが出来てこそ復縁がしやすくなる場合が多いでしょう。

一人の時間を過ごせる

一人の時間を過ごせる

一人の時間を過ごせる

一人の時間を過ごすと、淋しさはあるかもしれません。でも同時に自由を得られるのです。ここで孤独を耐えられないと思うのか、自由を得たいと思うのかが自分でも分かるでしょう。

相手と離れてみる時間を持つことで、一人の時間を過ごして自分との対話も出来るはず。別れてすぐに復縁をすると、一人の時間を過ごす時間が無いのです。これは悪いことではないかもしれませんが、一人になってゆっくり考えてこそ、これからの二人についても良い答えが出せるもの。

一人になって淋しい気持ちが強いと、すぐに復縁をしたくなりますがこの時間は、お互いにとても大切なのです。

別れを受け入れられる

別れを受け入れられる

別れを受け入れられる

別れを受け入れたくなくて、早く復縁をしようとする人もいるでしょう。でも一度別れを受け入れてこそ、新しい関係が生まれるのです。別れを受け入れるのは、ひとつの強さ。この強さを持てないうちは、復縁も本来は出来ないでしょう。

表面的に復縁をしても、また離れてしまう可能性が高いのです。一度別れを受け入れてみましょう。受け入れられることが出来れば、これからの自分はとても強くなれるので、そこからなら復縁をしても、また別れるような確率は少ないでしょう。

相手の必要性が分かる

相手の必要性が分かる

相手の必要性が分かる

相手のことをどのくらい必要だと思っているのか、分かったつもりでいても別れてすぐに復縁しようとしていては、分からないもの。でも復縁までに期間を置いて考えているうちに、自分にとって相手がどのくらい必要な存在なのかが分かってくるのです。

逆に、あまり必要ではないことが分かる場合も。これがはっきりしないのに復縁をしようとしても、あまり良い結果にはならないでしょう。相手にとっても同じことが言えます。相手を必要だと思うかどうかをここでしっかり把握してから、復縁するかを決めましょう。

そのためにも、復縁までの期間はとても大切。相手のことが必要だと心から思えたのなら、今度は別れることのないように、相手にその思いを伝えることも出来るでしょう。

相手のために変わることが出来る

相手のために変わることが出来る

相手のために変わることが出来る

自分のせいで相手を傷つけて別れてしまう例も。こういう時には、復縁が出来ないかも…と悩みますよね。でも復縁までに期間を置くと、相手のために変わることも出来るのです。

人の性格はすぐには変わらないかもしれません。でも少し時間を置くことで変わることも出来るのです。特に相手を大切に思うのなら、そのために変わることも出来るでしょう。自分は変われないと思うのなら、それもひとつの答え。

相手のために変わろうと思うのなら、この機会に今までの自分よりも魅力的になろうとするのもいいですね。そういう思いは相手に伝わりやすいもの。相手のために変わるには少し時間が必要です。

変わらないままで、やり直そうとしても成功率は低いでしょう。以前と変わらない相手から復縁を迫られても、相手は頷いてくれないですよね。でも変わったと感じる相手からなら、復縁を迫られたら、OKしてくれるかもしれません。

まとめ

復縁のために期間を置くことによるメリットは、様々です。自分が復縁を成功させたい思いが強いのなら、出来るだけ復縁の期間を置くことを心がけましょう。でもいつまで待てばいいの?と思う気持ちもあるでしょう。

大体半年くらいのように言われている冷却期間ですが、この期間も二人の関係性によりそれぞれです。その間全く連絡をしないのではなくて、時には連絡をしてみる必要があります。

相手をすっかり忘れたように、相手から思われないためにはたまに「どうしていますか」と連絡をするようにしましょう。

相手を忘れたわけではないという思いだけは、相手に伝わるようにしておく必要があるのです。相手との距離を少し置いているだけだと、はっきり伝えるのも良いかもしれませんね。

シェアする

フォローする