告白された時に彼女にするかどうかの決め手はここ!

告白された時に彼女にするかどうかの決め手はここ!

告白された時に彼女にするかどうかの決め手はここ!

告白された時に男性は「この人に彼女になってほしい」と思ったり「恋愛対象外…」と思ったりします。では彼女にするかどうかの決め手は、男性にとってどのようなものでしょうか。

相性が良いかどうか

相性が良いかどうか

相性が良いかどうか

話してみて相性が良いかどうかは、とても重要です。なんとなくやりとりがしやすいと感じた場合には、もう少し話したいと思うでしょう。そして、話せば話すほど盛り上がるということなら、この人と付き合ってもいいかな…と男性は思うのです。

一緒にいて楽しいと感じるかどうか、それは相性の良し悪しにも関係しているでしょう。実際に今まで彼女と付き合った決め手が、一緒にいて楽しいかどうかという人も。こういう男性なら、告白された時には女性とたくさん話すようにするでしょう。

でも元々話すのが苦手な男性もいます。こういう場合には女性から話してくれて自分が受け身になり、楽しいと感じるかどうかを重視するでしょう。

見た目が好みかどうか

見た目が好みかどうか

見た目が好みかどうか

外見は重要と思う男性は多いです。これは女性でも同じですよね。でも美人でなければNGという男性は少ないです。どちらかというと美人は敬遠してしまう男性の方が多いでしょう。

なんとなく自分の好みのタイプだったり、雰囲気が良かったりするかでこの女性にしようと思うのです。いくら美人でも自分にとって良い雰囲気だと思えないのなら、遊びの相手としてはいいですが、付き合う相手としては無理と思うでしょう。

派手で美人な目立つ女性と遊んでみたいと思う男性は多くても、本気で付き合いたいと思う男性は案外少ないのです。

相手が積極的かどうか

相手が積極的かどうか

相手が積極的かどうか

相手がとても積極的な場合には、その気持ちに応えようとする男性の心理も。断りにくさを感じるのでしょう。もし断ったら恥をかかせることになる…と思うと、とりあえず付き合ってみるか…となるのです。

「こんなに積極的に言ってきてくれているんだから、断わるのも可哀想かな…」と同情のような気持ちを持つ場合も。でもきっかけはこうでも、段々と相手にのめり込んでいき気が付けば彼女を大好きになるケースもあるのです。

最初は彼女の方が積極的だったけれど、途中から彼氏の方が彼女無しではいられなくなるようなことも。彼女にこんなにも魅力があったなんて…と驚くかもしれません。付き合ってみないと、相手の本質が見えない場合が多いのです。

自分を理解してくれているかどうか

自分を理解してくれているかどうか

自分を理解してくれているかどうか

ただ見た目がタイプだったから…と告白された時には、ちょっと…と男性は思うでしょう。それよりも自分の性格などを理解してくれている女性なら、嬉しい気持ちを男性は持つのです。

この女性なら、これからも自分のことをもっと理解してくれるだろうと思い、安心感を得られる場合も。自分をどれくらい理解してくれているかは、付き合う時の大きな決め手になります。

イケメンだからという理由だけで寄ってくる女性対して男性は、引いてしまうもの。もっとちゃんと自分を見てほしいと思うでしょう。でも相手にそういうつもりが無さそうなら、この告白を断るでしょう。

付き合ったところが想像できるかどうか

付き合ったところが想像できるかどうか

付き合ったところが想像できるかどうか

もしこの女性と付き合ったら…と想像をして、しっかり想像が出来るようなら付き合おうとする男性もいるでしょう。逆に「付き合ったらどんなことがあるか分からない」というミステリアスな雰囲気に惹かれる男性もいます。

でもほとんどの男性はそういう冒険心よりも、もっと確実なものを求めるでしょう。この女性と付き合ったら幸せな時間が過ごせそうと思ったのなら、付き合おうとするもの。そしてこれからもっとやりとりをして、相手を知りたいと思うでしょう。

付き合ったところが想像できるかどうかは、とても重要なのです。自分にとってこれが想像できないようなら、この子とはダメかなと思う慎重派の男性もいるでしょう。ここで自分の性格に気が付く場合もあるのです。

まとめ

告白された時に男性としては、嬉しいと思う反面悩むことも多いでしょう。この女性と付き合って幸せになれるのか、そして相手を幸せにできるのかを考えるかもしれません。

でも告白された時には、出来るだけ丁寧に返事をするようにしたいですね。女性としては、男性の返事が冷たすぎて男性不信になったり、傷ついてトラウマになったりする場合も。

せっかく自分を思って、勇気を出してくれた相手の気持ちだけは理解してあげるようにしましょう。自分が告白をする時に、どんな気持ちになるのかを想像してみるのも必要ですね。